「機運」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「機運」

「機運」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、これは「キウン」と読むことができます。

「機運」という言葉は昔から使われている言葉であり、今でもいろいろな場面で使われています。

よく使われる言葉では、「機運が高まる」という言葉を使用するかもしれません。

「機運」の意味

「機運」という言葉を使うためには、その意味を知っておくことが大事になります。

「機運」の意味としては、いろいろあり、「時のめぐりあわせ」という意味があれば、物事をなすのに良い機会や時期という意味もあります。

「機運」という言葉には同じ意味で「気運」という言葉があり、同じ読み方で「キウン」と読みます。

どちらも同じように聞こえますが、意味は少し違ってきます。

そのため、この使いわけするためには、「気運」の言葉の意味も知っておくことが大事になります。

「気運」の意味は物事が方向に進もうとする傾向になります。

そのため、その物事が進む雰囲気が満たされているときに使うことができます。

「機運」の方はその雰囲気が高まって来ている様子であり、満たされてまではいない状況になります。

ここまでを意味として知っておくことが大事になります。

「機運」の言葉の使い方

「機運」という言葉を使う時には、意味を理解しておくことも大事になります。

「機運」はその雰囲気が高まってきている、物事をなすのに時期や機会が出てきているときに使用します。

そのため、状況を把握しておくことが大事になります。

「機運」の使い方としては、物事をなす雰囲気が高まってきているときに、「機運を逸するべからず」「機運に促されて」という風に使うことができます。

まだ、状態がことをなすのに向いてきていないならば、「機運にめぐり合わさないでいる」という言葉で使用することができます。

物事をなすために常に情勢や雰囲気を感じとっていたいならば、「機運を意識して」という風に使いわけていくことができます。

「機運」という言葉は品詞の結びつきによって、自分がどのようなことを思っているのか、表現することができます。

「機運」という言葉を使いこなすためには、品詞も知っておくことが大事です。

「機運」に使うことのできる品詞はたくさんあるため、いろいろな品詞を知るようにしてください。

「機運」を使った例文・短文(解釈)

「機運」を使った例文と解釈から、意味や使い方をより分かりやすく紹介していきます。

「機運」の例文1

「大量生産の機運に促されて、出発物を大量に生産するようになった」

これは、大量生産という「機運」を感じ取り、出版物を大量生産するようになっています。

この場合は、大量生産をする時期になってきたことも分かります。

自分1人だけでなく、世の中の情勢や周りの雰囲気も大量生産という方法を取るようになってきたため、流れに任せて自分も出版物を大量生産するようになっています。

「機運」の例文2

「革命の機運に乗じて母国の解放運動を起こそうと、各国の亡命者たちが集った」

この分で「機運」という言葉を使うことにより、その国に革命という時期が迫ってきている雰囲気であることが分かります。

その雰囲気が高まってきているので、自分の国を解放してもらうための絶好の機会であるということも分かり、そのため、亡命者たちが集まりあって作戦を立てていることも読み取れます。

「機運」の例文3

「直ぐそこに新しい時代の機運が動いている証拠がある」

この「機運」の使い方で、新しく時代を動かすような時期になってきていることが分かります。

時代が変わる雰囲気を示す証拠もあるため、今は完全に新しい時代とはなっていませんが、それがもうすぐであり、近づいてきていることを表しています。

このようにして「機運」を使うことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典