「正論」と「屁理屈な言い分」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「正論」と「屁理屈な言い分」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「正論」「屁理屈な言い分」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「正論」とは?

「正論」とは、道理にかなっている正しい議論、主張のことを言います。

ただ、正しいからと言って「正論」が必ずしも受け入れられるわけではありません。

自分勝手、自己中心的な人は「正論」を相手に言われても「マイルール」でやり通そうとしますので、通じないことが多いものです。

「確かにそれは正論だが、実際は色々と事情があって…」「上司は、部下の正論に、言い返すことができなかったことを根に持っているらしい」などと使います。

「屁理屈な言い分」とは?

「屁理屈な言い分」とは、筋の通らない理屈を主張することを言います。

簡単に言えば、自分勝手な都合のいい文句のことですから、仕事などで「屁理屈な言い分」を通せば、人間性を疑われることになります。

筋の通らない理屈は言うものではありません。

「素直に謝罪すれば何とかなったのに、彼の屁理屈な言い分で、関係性は終わった」「屁理屈な言い分と言われようが、これが私の主張だ」などと、使います。

「正論」と「屁理屈な言い分」の違い!

「正論」「屁理屈な言い分」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも「主張」という意味では共通しています。

ですが意味がまったく違いますので、それぞれの意味を正しく理解してください。

「正論」とは道理にかなった正しい主張のことを言います。

誰が聞いても「それは正しい」と思われる内容となります。

一方で悪事をしている側からすれば「正論」はうっとうしいものとなるわけです。

「屁理屈な言い分」とは、筋道の通らない理屈で主張することで、ほとんど自分勝手な文句のようなものです。

一時的に「屁理屈な言い分」で主張を通したとしても、人間性が疑われることになりますし、人に支持はされないでしょう。

このように「正論」「屁理屈な言い分」はまったく正反対の意味合いとなります。

物事を議論する際は「正論」なのか感情に走った「屁理屈な言い分」なのか冷静に考えてから発言することが大事でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「正論」「屁理屈な言い分」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

言葉の意味が正反対と言えますので、間違えないように使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典