スポンサーリンク

「段取りを組む」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「段取りを組む」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「段取りを組む」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「段取りを組む」とは?意味

「段取りを組む」「段取り」とは「ものごとを行う手順や準備」を意味する言葉です。

また「組む」にはいくつかの意味がありますが、ここではその中で「組織化したり編成したりすること」を指す意味で使われています。

従って「段取りを組む」とは、「ものごとを行う手順や準備を編成する」と言う意味になります。

「段取りを組む」の概要

「段取りを組む」は、前項に記載した「ものごとを行う手順や準備を編成する」意味ですが、元々この言葉は、歌舞伎の用語を起源とする言葉です。

歌舞伎では、「話の区切り」のことを「段」と言い、「芝居の構成や運び」「段取り」と呼んでいるのです。

ここから転じて、現在では上記の意味となったのです。

この言葉はビジネス・仕事に関連して使われることの多い言葉です。

「段取り」については、「段取り八分」と言われるほど、仕事の効率や成功の可否を決定する要素としては重要であり、ビジネスにおいては「段取りを組む」ことが重視されるのです。

すなわちビジネスマンにとっては、自分の仕事に関連する専門スキルと共に、「段取りを組む」ことも、重要なスキルとして、その向上が求められていると言えます。

この「段取りを組む」スキルを磨くためには、仕事に対して以下のポイント・手順で事前に計画を組むことを心掛け、訓練することが大切です。

そのポイント・手順としては一般的に以下の8ステップで考えるとが推奨されています。

・仕事の目的を明確化する
・仕事の背景を充分に理解する
・仕事の具体的な目標を明確化する
・目標達成までの単位業務(作業)をリストアップする
・リストアップした単位業務を推進する時間順に並べ替える
・単位業務の終了とする成果物の内容とレベルを決める
・ 複数人で仕事を行う際には、単位業務ごとに役割分担を決める
・単位業務ごとに所要時間を見積もり、目標の仕事完了タイミングとの整合性を考える

「段取りを組む」の言葉の使い方や使われ方

「段取りを組む」は以下の例の様に使われます。

・『彼はプロジェクトリーダーに抜擢され、早速段取りを組むことから仕事を開始した。』
・『彼女は、いつも仕事が遅いと指摘されていますが、その原因は仕事の段取りを組むのが下手なためです。』
・『段取り八分と言われる様に、仕事の成否はいかにj上手に段取りを組むかに掛かっている。』

「段取りを組む」の類語や言い換え

「段取りを組む」「計画を立てる」「手順を決める」「手順を組み立てる」などと言い換えることが出来ます。

まとめ

「段取りを組む」とは、「ものごとを行う手順や準備を編成する」と言う意味の慣用句です。

この慣用句は、元々は歌舞伎において「芝居の構成や運び」を指す言葉であったものが、転じて上記の意味になったものです。

ビジネスにおいては、この「段取りを組む」ことも、重要なスキルとして、その向上が求められています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典