「比較対象」とは?意味や言い換え!例文と解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「比較対象」とは?

「比較対象」とは「比べるという行動や行い時に目標とするもの」、あるいは「比較しなければならない相手」ということを表現する言葉として理解できます。

「比較対象」を分解して解釈

「比較対象」の理解を深めるために、言葉を「比較」「対象」の2つの言葉に分けて、それぞれ見ていくことにしましょう。

「比較」

「比較」とは「比べてみること」「比べ合わせること」などの意味となりますが、もう少し言うと、「異なる2つ以上のものを照らし合わせながら、その違いを見て確認すること」という理解になるでしょう。

「対象」

「対象」とは、「ある行為をする時にその意識が向けられるもの」「行為の目標となるもの」「相手となるもの」という意味で解釈することができます。

「比較対象」の表現の使い方

「比較対象」には「どのようなものと比べるべきか、そのような行為の対象となるもの」という意味があるので、いくつかのものを比べてみる時に、その対象としたいとのを指し示すことや特定させる場合に、用いられるようになります。

「比較対象」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「比較対象」を活用した例文を見ながらどのような使い方ができるを考えて見ることにしましょう。

「比較対象」を使った例文1

「新たな製品を開発するために、従来の製品と比較対象することは必須のことである」

メーカーが新たな製品を開発するためには、様々な観点からのアプローチが試みされます。

コンセプトの検討やマーケティングリサーチと色々な項目がありますが、特に既存の製品を「比較対象」として検討することも必要です。

「比較対象」を使った例文2

「毎回計測しているデータの比較対象は、AIがセレクトして、その対象となるデータとの差異を瞬時に明確にしている」

最近のビジネス業界では、AI活用による業務効率化が活発になってきていますが、このように比較することが必要な業務でも、AIが導入されて、今まで時間を労していたことが短時間でできるようになっています。

「比較対象」の類語や類義語・言い換え

「比較対象」を他の言葉で言い換えて表現するなら、どのような言葉が当てはまるか見ていくことにします。

「比較先」【ひかくさき】

「比較先」「比較対象」の類義語の1つとして挙げることができます。

比べる対象がどのような相手先になるか、比較行為を実行する前に決めておく必要がありますが、この言葉はまさに「比べるべき相手先」ということになります。

「比較する項目」【ひかくするこうもく】

「比較する項目」「比較対象」に近い意味で解釈することができるでしょう。

項目には「ものごとをある基準に従って、区分した時のひとかたまりの単位」という意味があるのですが、「その単位での比較」という観点から「比較する項目」という言い回しが使わられます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典