スポンサーリンク

「気まずい」と「気まづい」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「気まずい」と「気まづい」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ず」「づ」は音が同じで、どちらを使ったらいいのか迷ったことがありませんか。

この記事では、「気まずい」「気まづい」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「気まずい」とは?

「気まずい」には、お互いの気持がなじみあわず不快なさま、気づまりなさまという意味があります。

「気」という漢字には、ようす、けはい、心のはたらきという意味があります。

「まずい」は、ぐあいが悪いこと、不都合であることです。

つまり、「気まずい」は心のはたらきが不都合であること、不快なさまという意味になります。

打ち解けていないことを表しています。

「打ち解ける」とは、気軽にくつろぐこと、警戒心がなく、心がのびのびしているさまのことです。

「気まづい」とは?

「気まづい」とはしません。

「つ」の濁音である「づ」ではなく、「す」の濁音である「ず」を使用します。

「気まずい」は漢字で書くと「気不味い」になります。

「不味い」「まずい」と読み、書き表すときには「づ」ではなく「ず」を使用するので、「気まずい」という書き方になります。

しかし、「気づまり」とするときには、「ず」ではなく「づ」です。

漢字では「気詰まり」と書き、「詰まり」「つまり」「づまり」なので、「ず」ではなく「づ」を使って「気づまり」とします。

「気まずい」と「気まづい」の違い

「気まずい」「気まづい」はどちらが正しいのか迷うことがありますが、正しくは「気まずい」です。

「気まずい」には、お互いの気持ちが合わなくて不快なさまという意味があります。

まとめ

「気まずい」でも「気まづい」でも音は同じなのですが、文字にするときには「ず」を使用するのが正解で、「気まずい」とします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典