スポンサーリンク

「気配り」と「心配り」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「気配り」と「心配り」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「気配り」「心配り」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「気配り」とは?

「気配り」「きくばり」と読みます。

意味は「ものごとが成功する様に、先をよんで色々と気を付けること」です。

ある一つのものごとが進行する中で、手抜かりがない様に、失敗しない様にと、細かく注意を払うことを言います。

今あることを丁寧にするだけではなく、どうすればものごとがスムーズに進むのかなど、先のことを予測して行動する時に使われます。

例えば、ある物を自分が手に取ろうとした時に、その物の側にいる相手が気付いて取って渡してくれたり、相手が知らない間にグラスが倒れるをそっと防いでくれたりなどの行為があります。

また、ビジネスでは接客業で使われることが多く、お店でお客が購入した品物を店員が手提げ袋に入れて、手渡す際に、持ち手を相手の方へ向けて差し出す行為などがあります。

「気配り」は、相手が気持ち良く一連の動作ができる様にする為にする、「さりげない優しさ」と言えます。

「心配り」とは?

「心配り」「こころくばり」と読み、以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「細かい点にまで気を利かせること」という意味で、「細やかな心配りの行き届いたお店」などと言います。

こちらの意味で使う場合、「気配り」と同じ意味になります。

2つ目は「他人のことを気に掛けて配慮すること」という意味で、「旅先で体調を崩した時に旅館の女将が心配りしてくれた」などと言います。

こちらの場合は「気配り」とは意味が違い、相手の立場になって考えて行動する時の表現です。

相手が今、何を求めているのか、今どうしてあげたらいいのかなどを考えて行動するのです。

基本的に「相手が何か困っている様子の時に、積極的に助けてあげること」に使われる言葉です。

「気配り」と「心配り」の違い!

「気配り」「ものごとが成功する様に、先をよんで色々と気を付けること」です。

「心配り」「他人のことを気に掛けて配慮すること」です。

まとめ

今回は「気配り」「心配り」の違いをお伝えしました。

「気配り」「先をよんで行動する」「心配り」「相手の立場になって行動する」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典