スポンサーリンク

「永遠」と「延々」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「永遠」と「延々」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「永遠」「延々」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「永遠」とは?

「永遠」「えいえん」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「時間を超えて存在すること」という意味で、あるものごとが滅びずにずっと存在し続けることを言います。

2つ目は「いつまでも果てしなく続くこと」という意味で、現在生じていることがずっと同じ状態で無限に続く様子を言います。

3つ目は「哲学用語で、ある時間内に無限に持続するもの、または時間にとらわれないもの」という意味です。

上記に共通するのは「無限に続く」という意味です。

「永」「ながい」とも読み「時間が長く続く」という意味、「遠」「時間や空間に離れている」という意味、「永遠」「時間や空間が長く続き離れていること」という意味です。

「永遠」の使い方

「永遠」「時間を超えて存在すること」「いつまでも果てしなく続くこと」「哲学用語で、ある時間内に無限に持続するもの、または時間にとらわれないもの」という意味で使われます。

名詞・形容動詞として「永遠だ・である」と使われたり、形容詞として「永遠の」と使われたり、副詞として「永遠に」と使われたりします。

基本的に、時間や空間的に無限に続くものやものごとについて使われる言葉です。

ちなみに、「永遠」と書いて「とわ」と読む人もいますが、正しくは「永久」の読み方になります。

「延々」とは?

「延々」「えんえん」と読みます。

意味は「非常に長く続く様子」です。

いつまでもだらだらと続くもの、同じことが何度も繰り返される様子などを言います。

「延」「のびる」とも読み、「長くのびること・のばすこと」という意味、「延々」で同じ意味の言葉を繰り返して「非常に長くのびること」という意味を強調しています。

「延々」の使い方

「延々」「非常に長く続く様子」という意味で使われます。

副詞として「延々に」「延々と」と使われることが多くなります。

基本的に、非常に長く続く様子に対して使われますが、無限ではなくいつかは終わる時に使われる言葉です。

「永遠」と「延々」の違い

「永遠」「時間や空間的に無限に続くものやものごと」という意味です。

「延々」「非常に長く続く様子に対して使われるが、無限ではなくいつかは終わるもの」という意味です。

「永遠」の例文

・『これ程幸せな時間が永遠に続けばいいと思った』

・『結婚式で新郎・新婦が永遠の愛を誓う』

・『命の恩人に永遠に感謝する』

・『これは永遠に残る名曲だ』

「延々」の例文

・『今回の台風では雨が延々と降り続いた』

・『彼らの演奏は、一曲が延々と続くので聴くのに根気がいる』

・『山並みが延々と連なっていて絶景をかもし出していた』

・『彼は一晩中延々としゃべり続けた』

まとめ

今回は「永遠」「延々」について紹介しました。

「永遠」「無限に続くこと」「延々」「いつかは終わる長さ」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典