「沿岸」と「海岸」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「沿岸」と「海岸」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「沿岸」「海岸」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「沿岸」とは?

「沿岸(えんがん)」とは、「海・湖・河川などに沿って接している陸地の部分」のことを意味している言葉です。

あるいは「沿岸」という表現は、「陸地に沿って隣接している海・湖・河川の部分」を意味しているのです。

また「沿岸」という言葉は、「海岸線の両サイドを挟んで、一定の広がり(面積)を持っている地域・水域」の意味合いも持っています。

「海岸」とは?

「海岸(かいがん)」とは、「海と隣接している陸地の一部分」のことを意味している言葉です。

「海岸」という表現は、「海の浸食作用により形成された陸地の部分」を指示しているのです。

「海岸」は近代以前には、「渚(なぎさ・みぎわ)」「汀(みぎわ)」「海辺(うみべ)」といった呼称で呼ばれていました。

「みぎわ」という読み方は「水際」の漢字表記に由来していて、中国の漢字で「水際」を意味していた「渚・汀」が充てられたと推測されています。

「沿岸」と「海岸」の違い!

「沿岸」「海岸」の違いを、分かりやすく解説します。

「沿岸」「海岸」「海に沿うようにして接している陸地の部分」を意味している点では類似していますが、「海岸」「海に沿った陸地の部分」だけを指示しているのに対して、「沿岸」のほうは「海以外の湖や河川などに沿って接している陸地の部分」も含めて意味しているという違いがあります。

また「沿岸」には「海岸線の両側に広がる一定の面積を持った地域と水域」という意味があるのに対して、「海岸」のほうは「主に海と隣接している陸地の部分」だけを意味しているという違いを指摘できます。

海岸線を挟んだ両方のサイドに一定の広がりを持っている「沿岸」のほうが、海と接している陸地の一部だけである「海岸」よりも、「指し示している地域・水域の範囲が広い」という違いもあります。

まとめ

「沿岸」「海岸」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「沿岸」とは「海・湖・川などに沿った陸地の部分」「陸地に沿っている海・湖・川の部分」を意味していて、「海岸」「陸地が海に接している部分」を意味している違いがあります。

「沿岸」「海岸」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典