「流用」と「使い回し」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「流用」と「使い回し」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「流用」「使い回し」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「流用」とは?

「流用(りゅうよう)」とは、「その対象を本来の目的以外のことで用いること」「そのモノ・お金を決まっている用途(使い道)以外のことで使うこと」を意味している言葉です。

例えば、「交通費を流用して私物を買っていました」「写真素材の勝手な流用には著作権の問題があります」などの例文で使うことができます。

「使い回し」とは?

「使い回し(つかいまわし)」とは、「同じものを何度も繰り返し使うこと」を意味している言葉です。

「使い回し」という表現には、「過去に使用したことがあるものを、もう一度(何度も)使うこと」の意味合いがあります。

例えば、「使い回しの記事では読者を満足させられません」「使い回しせずに新しい写真を撮影してください」などの例文で使用できます。

「流用」と「使い回し」の違い!

「流用」「使い回し」の違いを、分かりやすく解説します。

「流用」「使い回し」はどちらも「本来の使い方ではない使い方をするという似た意味の語感・響き」を持っている言葉ですが、厳密には「流用」「使い回し」の意味はかなり異なっています。

「流用」という言葉は「その対象を本来の目的(用途)とは違う目的(用途)で使うこと」を意味していますが、「使い回し」のほうは「何度も同じものを使うこと・過去に使用したものをもう一度使うこと」を意味している違いを指摘できます。

例えば、「写真の流用」というと「他の人が撮影して著作権を持っている写真を不当に使う」というニュアンスがありますが、「写真の使い回し」というと「他の人が撮影した写真だけではなく、自分が撮影して使ったことのある写真を何度も使う」といったニュアンスがでる違いがあるのです。

まとめ

「流用」「使い回し」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「流用」とは「その対象を決まった用途・目的以外のことに使うこと」を意味していて、「使い回し」「何回も同じものを使うこと・過去に使ったことのあるものを何度も使うこと」を意味している違いがあります。

「流用」「使い回し」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典