「清潔感」とは?意味や使い方を解

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「清潔感」

「清潔感」「せいけつかん」と読む言葉です。

文章でも会話でも日常的に使われている言葉ですので、多くの人が読めるのではないでしょうか。

この言葉は、良い意味で使われる言葉で、老若男女問わず好んで使っている人もいるでしょう。

「清潔感」の意味

「清潔感」「清潔」には、「衛生的であること」「汚れていないこと」「人柄や行いが清く正しいこと」「純粋なこと」という意味があります。

これに「感」が付いた「清潔感」は、「衛生的な感じがする」「汚れていない感じがする」「人柄や行いが清く正しい感じがする」「純粋な感じがする」という意味になります。

「清潔感」の言葉の使い方

「清潔感」という言葉は、身だしなみをきれいに整えている人などを「清潔感のある人」、衛生的で汚れのなさそうな空間を「清潔感のある空間」、品行方正そうな人柄の人を「清潔感のある人」のように表現する時に使います。

「清潔感」を使った例文・短文(解釈)

「清潔感」の意味と使い方が分かったところで、この言葉を用いた例文をご紹介していきましょう。

「清潔感」の例文1

「新しくオープンしたチョコレートショップの明るく清潔感のある店内には、センスの良い花が飾られていて、とても優雅な気分で買い物ができました」

チョコレート人気の高さから、チョコレート専門店を街でよく見かけるようになりました。

高級感のある店構えで、店内に入るのを躊躇してしまうような店もありますが、そういった店では、優雅な気分で買い物ができるような演出がなされています。

そして、ショーケースに綺麗に並べられたチョコは、どれも美味しそうで目移りしてしまうものです。

「清潔感」の例文2

「清潔感のある服装は、男女問わず好感度が高いと言われています」

服の袖口や襟が汚れていたり、シワが付いて型崩れしたスーツを着ていたり、不潔な感じのする人に不快感を覚える人は多くても、清潔感のある服装をしている人を見て不快に感じる人はほとんどいないでしょう。

忙しい時など気持ちに余裕がない時には、服の汚れや痛みを見落としてしまいがちですが、そんな時ほど、念入りにチェックしておきたいものです。

「清潔感」の例文3

「あなたたちは接客業をしているのですから、清潔感を大切にしてください」

接客業に従事している人は、一般の人よりも、清潔感を大切にします。

それは、客を不快にさせないための配慮なのです。

特に女性客が多い業種は、店員の身だしなみに対して客の目が厳しいといい、男性スタッフにも、爪や眉の手入れをすることを提唱している会社もあるといいます。

不潔な印象を与えるスタッフがいるというだけで、客が離れていくことも少なくないのです。

それに加えて、スタッフの表情も重要なポイントで、爽やかな笑顔の練習をする企業もあるといいます。

「清潔感」の例文4

「この店は、広々とした清潔感のある空間で革新的な日本料理いただけるのが魅力のレストランです」

こぢんまりとした空間で隣のテーブルとの距離が近い店で食事するのは落ち着かないという人でも、広々としていて隣のテーブルが気にならないくらいの十分なスペースをとっている店では、寛いで食事を楽しむことができます。

グルメサイトを見れば、事前にある程度は店内の様子も分かるので、食事をする空間にもこだわる人は、そういったサイトを活用している人も多いでしょう。

又、「革新的な日本料理」と文章で読んでピンとこなくても、料理の写真を見れば、なんとなくイメージをつかむことはできます。

料理の写真を見て、器や盛り付けのセンスが好みの店を選んでいるという人もいるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典