スポンサーリンク

「満潮」と「大潮」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「満潮」と「大潮」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「満潮」「大潮」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「満潮」とは?

海水面が最も高くなることです。

地球は1日1回自転をしています。

地球には月という惑星があり、地球の自転によって月に面している地球の面が、時間の経過とともに変わってきます。

そのときに、月の方を向いている面の海水では、月の引力によって海水が引っ張られます。

それにより、海水面が高くなって「満潮」となります。

月と面している海と反対側の海水面では、遠心力によって海水面が上昇をし、こちら側でも「満潮」があります。

月は地球の周りを公転しているため、「満潮」になる時間帯は毎日50分ずつ遅くなります。

月に面している側とその反対側は海が盛り上がり、その中間の海、つまり月と直角の位置にある海では、海水面が下がります。

海水面が最も下がる現象は「引潮」といいます。

「満潮」の使い方

海水面が最も高くなる現象を指して使用をします。

海で活動をする人、たとえばサーファー、ダイバー、漁師などは、海の状態によく気を配っています。

「満潮」になる時間帯のことも気にしており、海で活動する人たちの間では、よく使われています。

また、天気予報サイトでは、「満潮」になる時間帯を発表しており、常に確認することができます。

引潮の時間帯も確認できます。

海とほとんどかかわらない人は、ほとんど使わない言葉です。

「大潮」とは?

海の干満の差が1日の中で大きくなる現象のことです。

地球は太陽の周りを公転しています。

そして、地球は自転をしています。

このとき、月と太陽が一直線になる位置にくることがあります。

太陽は地球から遠く離れているため、月ほどの引力はありませんが、月と太陽の位置が重なると、お互いの引力が重なって大きくなり、潮の満ち引きが大きくなり、「大潮」となります。

新月や満月のときの起こる現象です。

「大潮」の使い方

1日で潮の満ち引きの差が大きくなる現象について使用をします。

海で活動する人は、海の状態をよく気にしており、「大潮」には注意をしています。

そのため、海で活動する人の間では、よく使用されています。

天気予報サイトによっては、「大潮」になる時間帯を発表しています。

海とほとんどかかわらない人は、普段使わない言葉です。

「満潮」と「大潮」の違い

潮の満ち引きに関係する2つの言葉です。

「満潮」は、1日に2回あり、海水面が高くなる現象のことです。

「大潮」は、新月や満月のときにあり、1日の潮の満ち引きの差が大きくなる現象のことです。

「満潮」の例文

・『満潮になる時間をインターネットで調べる』
・『満潮になるから海に出るときは気をつけよう』
・『満潮のため、砂浜の面積が狭くなっていた』
・『まもなく満潮になる』

「大潮」の例文

・『今日は大潮だ』
・『大潮だから気をつけよう』
・『大潮のときに出現する確率が高い生物』
・『大潮のときに行われる行事』

まとめ

海とかかわりのある言葉ですが、どのような海の状態なのか意味が違う言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典