スポンサーリンク

「炒り卵」と「スクランブルエッグ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「炒り卵」と「スクランブルエッグ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「炒り卵」「スクランブルエッグ」の違いを分かりやすく説明していきます。

出来上がりがとても似ている「炒り卵」「スクランブルエッグ」には、どのような違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「炒り卵」とは?

「炒り卵」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「炒り卵」「いりたまご」と読みます。

「炒り卵」は、和食のひとつで、「鶏卵を溶いて、調味料を加えて、混ぜながら炒める卵料理」という意味があります。

調味料は塩や砂糖、みりんが一般的になります。

汁気が飛ぶまで加熱します。

パラパラな状態になるように、端で細かく混ぜて作り上げます。

一般的に「甘め」の味付けが多いという特徴があります。

「そぼろ」と呼ばれることもあります。

「そぼろ」の形状を思い出すと、「炒り卵」のイメージがわきやすいのではないでしょうか。

「粒状」と呼べるくらい火を入れて炒るのが一般的ですが、特別に半熟で止めるケースもあります。

この場合は「半炒り」などと呼ばれることがあります。

「炒り卵」は単体で食べるというより、他の食材と組み合わせることが多くなります。

代表的なのが「五目ずし」で、黄色い色どりを添えています。

「スクランブルエッグ」とは?

「スクランブルエッグ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「スクランブルエッグ」は洋食のひとつで、「かき混ぜながら焼く」という意味があります。

鶏卵を溶いて、塩や胡椒などの調味料を加え、さらに牛乳や生クリームを加えて混ぜて、フライパンなどで炒める料理となります。

牛乳や生クリームのおかげで、ふんわりやわらかく仕上がるという特徴があります。

アメリカなど欧米の家庭の朝食として、単品で提供されることが多く、サンドイッチに挟んで食べるのも定番です。

「炒り卵」と「スクランブルエッグ」の違い

「炒り卵」「スクランブルエッグ」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも主な材料に「鶏卵」を使うという共通点があります。

さらに「フライパンで炒める」という調理法も同じです。

それでは「炒り卵」「スクランブルエッグ」には、どのような違いがあるでしょうか。

まず「炒り卵」は和食で、「スクランブルエッグ」は洋食という違いがあります。

また「味付け」「炒り卵」は甘め、「スクランブルエッグ」は辛めという特徴があります。

さらに、「炒り卵」は調味料以外を加えずシンプルですが、「スクランブルエッグ」は牛乳や生クリームを加えるため、焼き上がりにも違いが出ます。

ポロポロとするのが「炒り卵」、ふんわりするのが「スクランブルエッグ」という違いがあります。

まとめ

「炒り卵」「スクランブルエッグ」の違いについて見てきました。

とても似た出来栄えになる「炒り卵」「スクランブルエッグ」ですが、材料も、出来上がりの味も大きな違いがありました。

誰かに「炒り卵を作って」と頼まれたとき、「スクランブルエッグ」を作ってしまうようなことがなくなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典