「熱い視線」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「熱い視線」の意味

「熱い視線」とは「熱意や情熱が感じられる眼差し」を意味する言葉です。

「熱い視線」の読み方

「熱い視線」「あついしせん」という読み方になりますので、ここで正確に読めるように押さえておきましょう。

「熱い視線」の表現の使い方

「熱い視線」「情熱が感じられる眼差し」という意味になるので、好意を持っている人に心を寄せる時に「熱い視線を注ぐ」という言い回しで浸かったり、ラブコールをしたい相手に「熱い視線を送る」という形で表すことができます。

「熱い視線」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「熱い視線」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

「熱い視線」を使った例文1

「今年の甲子園で大活躍した田中投手にプロ野球の各球団が熱い視線を注いでいる」

「熱い視線」は、この例文のように、ずば抜けて能力を持っている人に対しても使われています。

夏の熱い戦いを繰り広げてきた甲子園で活躍した選手は、プロ野球からオファーが集まります。

その能力が高ければ高いほど、「熱い視線」を注ぐチームも増えてくるわけです。

これから各球団で熱いバトルが繰り広げられるのです。

「熱い視線」を使った例文2

「高度成長を遂げた日本の中小企業が、インド・ベトナムなどの市場に熱い視線を送っている」

ビジネス世界では、今やグローバル規模で展開しているのが当たり前の時代です。

それは、大企業だけではなく、日本の中小企業も同様で、ベトナムやインドなどの市場の将来性に期待して、投資を始めています。

「熱い視線」の類語や類義語

「熱い視線を」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

「注目の眼差し」【ちゅうもくのまなざし】

「注目の眼差し」「熱い視線」の類義語として扱うことができます。

「期待や羨望、憧憬などの念を持って熱心に相手を見ること」という意味で使われます。

「関心を寄せる」【かんしんをよせる】

「関心を寄せる」という言葉も「熱い視線」の類義語として使うことができます。

「あることに心をひかれて、より深く知りたいと思ったり、関わりたいと思う」と意味です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典