スポンサーリンク

「爆睡」と「熟睡」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「爆睡」「熟睡」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「爆睡」とは?

「爆睡(ばくすい)」とは、「非常に深い眠りに落ちて、どんなに騒がしくてもなかなか目覚めることがない睡眠の状態」を意味している俗語(スラング)です。

「爆睡」という表現は、「熟睡よりも深いレベルの眠り・ちょっとやそっとのことでは起きることがない最高レベルの睡眠」といったニュアンスを持っているのです。

「爆睡」の使い方

「爆睡」の表現は、「どんなに周りがうるさくしていても簡単には目覚めない非常に深い眠りの状態」を意味して使うという使い方になります。

「爆睡」とは、「これ以上ないくらいの深い眠り・ちょっとやそっとのことでは目覚めることがない最高レベルの熟睡」の意味で使われます。

例えば、以下のような例文で使えます。

・『爆睡していて目覚まし時計の音が聞こえませんでした。』

・『徹夜で遊び回った後に、気絶するように爆睡しました。』

「熟睡」とは?

「熟睡(じゅくすい)」とは、「深い眠りに落ちて、ぐっすりと眠ること」を意味しています。

「熟睡」という表現には、「ぐっすりと気持ちよく眠っている状態」「夢を見るような浅い眠りのレム睡眠ではなくて、深いレベルのノンレム睡眠」といった意味のニュアンスがあります。

「熟睡」の使い方

「熟睡」の言葉は、「ぐっすりと気持ちよく眠っている状態」「簡単には目覚めない深いレベルの眠りに落ちているさま」を意味して使うという使い方になります。

例えば、以下のような例文で使えます。

・『心配事をいくつか抱えているためか、昨夜はまったく熟睡することができませんでした。』

・『健康的な生活習慣の一つとして、夜は早めにベッドに入り、ぐっすりと熟睡することがあります。』

「爆睡」と「熟睡」の違い!

「爆睡」「熟睡」の違いを、分かりやすく解説します。

「爆睡」「熟睡」にはどちらも「ぐっすりと眠ること・深いレベルの眠りに落ちている状態」といった意味合いがありますが、「爆睡」のほうが「熟睡」よりも「睡眠のレベルが深い(爆睡は最高レベルの深い睡眠状態)・なかなか目覚めることがない」といった意味のニュアンスがあります。

また「爆睡」の言葉は「周囲が騒がしい状況になっても、ちょっとやそっとのことでは目覚めないこと・気絶するようにして非常に深い眠りに落ち込むこと」に意味の重点が置かれていますが、「熟睡」のほうは「ぐっすりと気持ちの良い深い眠り・疲れが取れるような深いレベルの眠り」に意味の重点が置かれている違いも指摘できます。

さらに「爆睡」はくだけた印象が強くて口語(話し言葉)で使われやすい「フランクな俗語(スラング)」ですが、「熟睡」のほうはきちんとした文章・場面で使っても違和感のない一般的な言葉である違いもあります。

まとめ

「爆睡」「熟睡」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「爆睡」「熟睡」と比べると、「睡眠のレベルがより深い(最高レベルの深い睡眠状態)・簡単には目覚めない・気絶するようにして眠り込む」などの意味のニュアンスを持っている違いがあります。

「爆睡」「熟睡」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典