スポンサーリンク

「独断専行」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「独断専行」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「独断専行」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「独断専行」とは?意味

「独断専行」は、自分の考えのみで単独で動くことです。

その為統制がとれた軍隊においては単独で自分の考えのみで動くことを指し、命令違反をした対象者となり処罰を受ける対象でもあります。

「独断専行」の概要

「独断専行」は、日本においては許容されなくなった理由は、責任問題ということを重視するようになったが故、自分の考えで単独で動くという「独断専行」の考え方が否定されているが故です。

というのも、日本は企業などでは自分の考えだけで動くことを許すのは社長になり、これを社員が勝手に行動して動いた場合、責任問題という物が露見し責任を取れる範囲内でしか、「独断専行」を許しません。

「独断専行」の利点は、すくえる命がある場合単独で動いて対象を助けることができれば成功と言えますが、失敗した場合、助けに言った側がミイラ取りのミイラになるため、リスクも伴います。

リスクとリターンを考えた場合、どちらが大きくなるかを考えただけでも、「独断専行」を行わないのは、責任問題という物を日本が重視するが故です。

「独断専行」の言葉の使い方や使われ方

「独断専行」は、日本では自分勝手に行動した人物のみに使用します。

「独断専行」を使った例文

・『鈴木さんの独断専行を許したが結果が良かったのでそれでよしとする』
この例は、鈴木さんが勝手に行動したが、その結果が良かったが故、対象を処罰しないという物です。

日本では、善行であっても独断で単独で動く「独断専行」を許さず、その理由は責任問題の追及を受けた場合、上司にもその責任が及ぶため、このケースでは保身に走っている上司であるが成功したので御咎めなしとしています。

・『山田さんの独断専行による失敗は許されない行為である』
この例は、山田さんという人物が勝手に行動して失敗したが故、責任問題が生じ、それに対して許容できないと憤慨しているのです。

というのも、責任問題となった場合その上司にも責任が及ぶため、このケースでは、山田さんのやった行為については許せないとしたうえで、山田さんの処遇についても上司が決めるはずです。

まとめ

「独断専行」は、責任問題という物が付きまとうため、部下の独断専行を許さないのは上司が責任を取る側であるが故、日本の場合、上司は独断で行動することについては口を酸っぱくして行動するなといいます。

逆を返せば、独断で行動して動くことが許容されている職場も存在しており、そうしたお仕事では、逆に指示を待って動いているのでは遅いと判断されてしまうため、「独断専行」という考えを許す職場も一応日本では存在するのです。

ただ、多くは責任問題という物が浮上するが故、行動できずに見殺しにするケースもあり、政治家などにおいてはまさに行動できないが故見殺しにしてしまったケースが多々あり、政治家のトップが独断で動いていれば助かったものもあるケースもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典