スポンサーリンク

「発足(ほっそく)」と「発足(はっそく)」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「発足(ほっそく)」と「発足(はっそく)」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「発足(ほっそく)」「発足(はっそく)」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは「発足(ほっそく)」の意味から取り上げます。

スポンサーリンク

「発足(ほっそく)」とは?

最初に「発足(ほっそく)」の意味をご説明致します。

「ほっそく」の場合は、単純ですが出発することを指します。

また、新たに組織などができた際に、活動を開始することを表しております。

「発足(はっそく)」とは?

次に「発足(はっそく)」の意味を解説していきます。

「はっそく」の意味の方も、前者と全く同じです。

基本的に昔から読まれたきたのは、「ほっそく」ですが、「はっそく」の方が今ではすっかり、メジャーな言葉になりました。

したがって使いやすい方をチョイスして大丈夫なのです。

「発足(ほっそく)」と「発足(はっそく)」の違いとは?

ここでは「発足(ほっそく)」「発足(はっそく)」の違いを取り上げてみましょう。

「発足」(ほっそく・はっそく)とは、基本的に組織などが新しく作られ、活動するときに使います。

また、出発する際にも使います。

違いとしては、読み方になります。

昔は「ほっそく」が基本的な読み方でしたが、今では「はっそく」という読み方が浸透しているのです。

意味には違いはありませんので、自分の使いやすい方や読みやすい方をチョイスしてください。

「発足(ほっそく)」と「発足(はっそく)」の使い方の違い

この項目においては、「発足(ほっそく)」「発足(はっそく)」の使い方の違いを説明します。

「発足」(ほっそく)・(はっそく)を使うときは、目的地などへ向かうときや、新しい団体などが設立された場合に使います。

それぞれの使い方を書きます。

「ほっそく」の使い方
「新しい組織が発足したようだ」
「はっそく」の使い方
「目的地へ向けてはっそくしました」

「発足(ほっそく)」を使った例文

ここでは「発足(ほっそく)」を使った例文を書いていきます。

・『発足した組織の戦力になれるよう、努力します』
・『会社を発足させるまでの苦労は、涙なしでは語れない』
・『彼らは戦場へ発足していった』
・『発足させるには資本金や知識、適任な人材などが必要になります』
・『新しい組織を発足したものの、3ヶ月ほどで解散となってしまいました』

「発足(はっそく)」を使った例文

最後の項目においては、「発足(はっそく)」を使った例文を書きます。

・『遠足へ発足しました』
・『会社を発足させたいという野心が捨てきれません』
・『発足させるときは、それなりの覚悟が必要だ』
・『組織を新しく発足させるとして、ついてきてくれる人材はどれほどいるのだろうか』
・『発足させてから、経費が予想以上にかかることに気が付きました』

まとめ

まとめとして「発足(ほっそく・はっそく)」とは、旅立つときなどに使われます。

また、新しく組織などが作られ、活動を始める際に使われる表現となります。

読み方の方は、自分が読みやすい方を使ってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典