「目を奪われる」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「目を奪われる」とは?

「目を奪われる」という言葉を知っているでしょうか。

「目を奪われる」「めをうばわれる」と読み、難しい漢字が使われていない読みやすい言葉です。

誰かに「目を奪われる」という経験を、実際にした人もいるかもしれません。

一方で、「目を奪われる」という言葉を、今回初めて知ったという人もいるでしょう。

そこで「目を奪われる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

素敵な異性と出会い、「目を奪われる」という体験をした時に、この言葉を使う事ができるようになるかもしれません。

「目を奪われる」の意味

「目を奪われる」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「目を奪われる」には、「あまりの美しさなどに、見とれてしまう事」「美しさに見とれて夢中になる事」などの意味があります。

男性の中には、好みの女性の姿を見た時に、その女性から目を外せなくなった経験があるかもしれません。

そのような状態は、まさに「目を奪われる」という言葉が表現している状態です。

異性など美しい人だけでなく、雄大な自然など、美しい景色を見た時にも「目を奪われる」という経験をするかもしれません。

このように「目を奪われる」という言葉には、美しさに見とれてしまうという意味があります。

「目を奪われる」の言葉の使い方

「目を奪われる」という言葉を、どのような場面で使えばいいでしょうか。

何か美しい人や景色、物を見た時などに、見とれてしまった事があると思います。

例えばアパレルショップに行った時に、美しすぎるファッションアイテムを見て、その商品から離れられなくなった経験がある女性もいるでしょう。

またテレビを見ていたら、たまたま映ったアイドルの姿に見とれてしまい、チャンネルを変えられなくなってしまった経験があるかもしれません。

このような時は、まさに「目を奪われる」という言葉を使う場面と言えます。

「目を奪われる」を使った例文

「目を奪われる」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「目を奪われる」を使った文章を見る事で、この言葉の使い方のコツを覚える事ができるかもしれません。

「目を奪われる」の例文1

「駅のホームに立つ女性に、『目を奪われた』」

この例文に登場する女性は、とても美しい外見をした女性だったはずです。

一目ぼれに近いくらいこの女性の容姿を好きになってしまった男性の心情が、表現された例文になっています。

自分から好きになろうと思っていない相手から、目を外せなくなってしまった時、それは恋なのかもしれません。

実際に、自分の事を好きな異性を見分ける時は、「頻繁に目が合うかどうか」で判断する事ができます。

あなたの事を好きな異性は、あなたに「目を奪われた」人でしょう。

「目を奪われる」の例文2

「富士山の頂上から見る景色に『目を奪われて』動けなくなった」

この例文のように雄大な自然の姿を見た時にも、「目を奪われる」経験をするはずです。

普通の景色なら1分も眺めていたら飽きてしまいますが、「目を奪われる」素晴らしい景色の場合は、ずっと見ている事ができます。

富士山の山頂から見る世界など、日本には素晴らしい景色がたくさんありますので、ぜひ「目を奪われる」経験をするために、日本中を旅してみましょう。

「目を奪われる」の例文3

「スクリーンに映るヒロインに『目を奪われて』しまった」

この例文に登場する映画のヒロインのように、何気なく見ていた作品を通じて、突然好きになってしまう役者やアイドル、タレントがいます。

この例文で「目を奪われる」経験をした人は、きっとこのヒロインが出演している作品を調べて、片端から見る事になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典