スポンサーリンク

「真理の追求」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「真理の追求」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「真理の追求」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「真理の追求」とは?意味

「真理の追求」とは、「いつどんなときにも普遍的な道理を、追い求めること」を意味する言葉です。

「真理の追求」の概要

「真理の追求」と言う慣用句を、分解して詳細に意味を説明したいと思います。

まず、「真理」とは「いつどんな時にも普遍的な道理」の意味ですが、これは例えば「物理現象のように、いつ何度繰り返して実験などを行っても、いつも同じ結果が得られる事柄」を指す言葉です。

この「真理」「真実」と、しばしば混同されますが、意味は全く異なります。

「真実」「嘘偽りのないこと」であり、単なる「事実」であることを意味する言葉です。

また「追求」「追い求めること」ですが、もう少し具体的に表現するなら、「目的の事項を手に入れるために、どこまでも追い求めること」を意味する言葉と言えます。

「真理の追求(ついきゅう)」では「追求」の漢字を使っていますが、この「ついきゅう」の同音語には「追究」「追及」と言う言葉もあり、いずれの漢字を使うべきか、迷うことも多いでしょう。

この違いについても、説明しておきます。

「追求」は先にも記したように、「目的の事項を手に入れるために、どこまでも追い求めること」であり、「追究」「不明な事や未知の事柄を深く調べて明らかにすること」を指す言葉です。

従って、「真理の追求」「真理の追究」と表記を換えても、間違いではないと言えます。

またもう一つの「追及」は、「追い詰めて、問いただしたり、責めること」を意味する言葉で、「真理の追及」では全く意味が通りません。

すなわち、この使い方は間違いなのです。

「真理の追求」は、誰しもが何となく理解している慣用句と言えますが、上記の様に少し掘り下げて考えると、意外と理解できていない点も多い言葉と言えるでしょう。

「真理の追求」の言葉の使い方や使われ方

「真理の追求」の言葉は、以下の例のように使われます。

・『彼は量子力学の真理の追求に魅了され、就職せずに大学院に進む事を決断した』
・『修行僧は、日々仏教の教えの真理の追求を行っていると言えます』
・『人類が真理の追求を止めれば、そこで人類の成長・発展はストップしてしまいます』

「真理の追求」の類語や言い換え

「真理」の類語としては、「普遍的道理」「普遍的事実」などを挙げる事が出来ます。

従って「真理の追求」は、「普遍的道理を追い求める」「普遍的事実を追い求める」などと言い換える事が出来ます。

まとめ

「真理の追求」とは、「いつどんなときにも普遍的な道理を、追い求めること」を意味する慣用句です。

「追求(ついきゅう)」の同音語としては、「追究」「追及」があります。

「真理の追求」の慣用句においては「追求」「追究」と表記しても間違いではありませんが、「追及」と表記するのは、明らかな間違いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典