スポンサーリンク

「着道楽」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「着道楽」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「着道楽」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「着道楽」とは?意味

「着道楽」とは、いろいろな衣服を作ったり、着ることが好きで、それにお金を費やし、楽しむこと、または、そういう人のことを言います。

「着道楽」の概要

「着道楽」「道楽」とは、本職ではない物事にふけって楽しむこと、または、行いの悪いことと言う意味があります。

なので、「着道楽」は仕事ではなく、趣味などで衣服を着る事にふけって楽しむと言う意味合いになります。

「着道楽」の言葉の使い方や使われ方

「着道楽」の言葉を使った例文をいくつかご紹介します。

『彼女は貰った給料のほとんどを衣服代に使ってしまうような着道楽です』、『彼は着道楽だけあって、毎日高価なブランド品の衣服を身にまとっている』、『彼女は本当に着るものが好きなようで、衣服の話となると、目を輝かせているほどの着道楽だ』

「着道楽」の類語や言いかえ

「着道楽」と似たような言葉としては、「衣装道楽」「浪費家」などがあります。

他の「道楽」の一つとして「食道楽」がありますが、これは美味しいものを食べたり、作ったりすることを生きがいにしていることを言います。

まとめ

「道楽」は度が過ぎると、日常生活がうまくいかなくなったり、時には生活が破綻してしまうので注意が必要です。

中には健康を害してしまう恐れのある「道楽」もあります。

「道楽」と似た意味を持つ言葉として、「趣味」があります。

「趣味」も好きでやっていることですが、余暇の時間を利用したり、使えるお金の範囲内で楽しんだりする程度です。

また、「趣味」は一つではなく、いくつも持っている人もいます。

一方、「道楽」も好きなことではありますが、「趣味」の範囲を超えてしまい、好きなことに熱中しすぎると言う問題点があります。

「道楽」はお金を多く浪費してしまう傾向があるため、場合によっては、経済的に厳しい状況に陥ってしまうことがあります。

「道楽」はどちらかというと、マイナスなイメージが付きやすいですが、中には好きが高じて、それを仕事にして、収入を得るようになる人もいます。

そうなると、最初は嫌悪感を抱いていた人たちからの見る目も変わってきたりします。

どんなことでもそうですが、生活がままならなくなるほど、何かにのめりこみ過ぎるようなことは避けたいものです。

もし、どうしてもそのことが大好きで、やらずにはいられないと言うのであれば、それをビジネスチャンスに変えていくようにすると良いでしょう。

それだけの情熱を持って、ビジネスとうまく繋げることができれば、好きなことがもっとやりやすくなるでしょう。

好きなことをビジネスに繋げていくためには、当然、他のスキルも必要となってきます。

ですが、好きなことに関連しているスキルだと思えば、やる気も湧いてくるでしょう。

「着道楽」が高じて、服飾関係の仕事に就いたり、事業を起こすという道もあります。

大好きなことがあることは、人生を豊かにしてくれますし、それは大きな生きがいとなります。

さらにそれを世の中のために役立てることもできますし、同時に、自分も成長していくことができるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典