スポンサーリンク

「短期間」と「短時間」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「短期間」と「短時間」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「短期間」「短時間」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

意外に身近でよく使う言葉の可能性が大きいはずですので、是非とも参考にして日々の生活に役立ててみてください。

スポンサーリンク

「短期間」とは?

最初に「短期間」の意味をご説明致します。

「短期間」の意味とは、文字通りに短い間という意味になります。

基本的に求人誌等で目にする「短期バイト」「短期間勤務OK」というものを想像していただけると分かりやすいでしょう。

「短時間」とは?

次は「短時間」の意味を解説していきます。

「短時間」の意味としては、これも文字通りに短い時間という意味になります。

しかしながら、「短時間」の感覚については個人差があるのも事実です。

人によって30分は「短時間」と認識する人もいれば、「長時間」と認識する人もいるのです。

この辺も視野に入れておくと、相手をみながら言葉を活用できるようになりますので、覚えておいてください。

「短期間」と「短時間」の違い

ここの項目にて「短期間」「短時間」の違いを解説していきます。

「短期間」「短時間」の違いですが、上の意味を参照していただくことで違いが分かるはずです。

「短期間」というのは、短い間という意味です。

短期バイトや教育実習生等が典型的な例になることでしょう。

そして、「短時間」は、短い時間という意味になります。

しかしながら、この「短時間」の感覚については人によって違ってきますので、明確な基準がないのが現状です。

この辺の違いをよく把握しておくと、上手にこれらの言葉を使いこなせるはずですので、参考にしてみてください。

「短期間」と「短時間」の使い方の違い

「短期間」「短時間」の使い方の違いとしては、前者の場合は、「短期間担当してくれた人に世話になった」というのが分かりやすい使い方でしょう。

また、「短時間でここまで上達するとは思わなかった」というのが、想像しやすい使い方です。

「短期間」を使った例文

・『教育実習生の先生は短期間の勤務でしたが、生徒から人気があった』
・『短期間のバイトでガッツリと稼いだ』
・『短期間でも内容が濃いと知識も蓄えられる』
・『担当してくれた先生が短期間で異動になったようだ』
・『短期間でも印象に残る仕事だった』

「短時間」を使った例文

・『短時間でマスターした』
・『コンサートやライブは短時間に感じてしまう』
・『短時間で料理する技術が身についた』
・『短時間の基準は人によって違うようだ』
・『短時間で訓練を終えて、基地に帰還してきた』

「まとめ」

まとめとしては、「短期間」というのは短い期間という意味を指しております。

バイトや教育実習生等を想像すると分かりやすいでしょう。

そして、「短時間」というのは短い時間という意味になります。

人によって感覚が違いますので、その辺を弁えて使うことでベストな使い方ができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典