「研ぎ澄ます」とは?意味や言い換え!例文と解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「研ぎ澄ます」とは?

「研ぎ澄ます」という表現は、「刃物・鏡などを、少しの曇り(くすみ)や汚れもないように研いで磨きあげること」を意味しています。

また「研ぎ澄ます」という表現には、「意識を集中して精神・感覚・神経を鋭敏(敏感)にすること」「五感の感覚に集中してわずかな刺激にも気づけるようにすること」といった意味もあります。

「研ぎ澄ます」の読み方

「研ぎ澄ます」の読み方は、「とぎすます」になります。

「研ぎ澄ます」の表現の使い方

「研ぎ澄ます」の表現の使い方は、「刃物・鏡などをピカピカに曇りなく磨き上げる時」に使うという使い方になります。

例えば、「刀を研ぎ澄ますと、切れ味が何倍にも高まります」といった文章で使うことができます。

また「研ぎ澄ます」の表現は、「精神・神経を集中して感覚を敏感(鋭敏)にする場合」に使うことができます。

例えば、「精神を研ぎ澄ますことによって、今まで気付かなかった物事に気付けるようになります」などの文章で使用されるのです。

「感覚を研ぎ澄ます」とは?

「感覚を研ぎ澄ます」という表現は、「集中して五感の感覚を鋭敏にすること」を意味しています。

「感覚を研ぎ澄ます」というのは、「視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の感覚(五感)に集中して、どんなに小さな刺激や変化も逃さないようにすること」を意味している表現なのです。

「研ぎ澄ます」を使った例文と意味を解釈

「研ぎ澄ます」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「研ぎ澄ます」を使った例文1

「英語のリスニングのテストを受ける時には、聴覚を研ぎ澄まして英語の発音を聞き逃さないことがポイントになります」

この「研ぎ澄ます」を使った例文は、「英語のリスニングのテストを受ける時には、集中して聴覚を鋭敏にして、英語の発音を聞き逃さないことがポイントになる」ということを意味しています。

「研ぎ澄ます」を使った例文2

「刀匠が研ぎ澄ました日本刀は、切れ味が非常に鋭利なので絶対に素手で触れてはいけません」

この「研ぎ澄ます」を使った例文は、「刀匠(刀を研磨する専門・熟練の職人)が研いで磨き上げた日本刀は、切れ味が非常に鋭いので絶対に素手で触れてはいけない」ということを意味しています。

「研ぎ澄ます」の類語や類義語・言い換え

「研ぎ澄ます」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

「磨き上げる・完成させる」

「研ぎ澄ます」の類義語・言い換えとして、「磨き上げる・完成させる」があります。

「研ぎ澄ます」という表現は、「刃物や鏡などをピカピカに磨き上げること」「集中して物事を磨き上げて完成させること」を意味しています。

その意味合いから、「研ぎ澄ます」と良く似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「磨き上げる・完成させる」の表現を指摘することができるのです。

「鋭敏にする・神経(精神)を集中させる」

「研ぎ澄ます」の類語・言い換えとして、「鋭敏にする・神経(精神)を集中させる」があります。

「研ぎ澄ます」という表現は、「神経・感覚を鋭敏(敏感)にすること」「精神・神経を集中させること」を意味しています。

その意味合いから、「研ぎ澄ます」という表現は、「鋭敏にする・神経(精神)を集中させる」という表現で言い換えることが可能なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典