「祝辞」と「スピーチ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「祝辞」と「スピーチ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「祝辞」「スピーチ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「祝辞」とは?

「祝辞(しゅくじ)」とは、「結婚式・入学式・卒業式などの正式のセレモニー(式・会)で、対面の相手に対して送られるお祝いの言葉」を意味している言葉です。

「祝辞」という表現は、「入学・卒業・入社・結婚などの新たな人生の門出(節目)を迎える人に対して、公式的な会合・式典で伝えられるお祝いの言葉や談話」を意味しているのです。

「スピーチ」とは?

「スピーチ」とは、「演説・講演・談話などの話をすること」「人前(口頭)で話をすることによって、いろいろな内容を相手に伝えること」を意味している言葉です。

「スピーチ」という言葉は特に、「公式のセレモニーやイベントにおいて、複数(大勢)の人たちの前で意味・テーマがある話をすること」を意味しています。

そのため、「スピーチ」で話す内容にはさまざまな種類・テーマ・目的があり、「祝辞」「スピーチ」で話されることがある内容の一つになります。

「祝辞」と「スピーチ」の違い!

「祝辞」「スピーチ」の違いを、分かりやすく解説します。

「祝辞」「スピーチ」「複数の人たちの前で話をすること」というシチュエーションや意味合いは似ていますが、「祝辞」というのは「スピーチ(人前での話)をする時の内容の一種」になっているという違いがあります。

「祝辞」という言葉は「結婚式・卒業式などで新たな人生の門出を迎える人たちに対して送られるお祝いの言葉(メッセージ)」を意味していますが、「スピーチ」のほうは「祝辞も含めて、複数(大勢)の人たちの前で話・演説をすること全般」を意味しているという違いを指摘できます。

そのため、「祝辞」「お祝いをする内容の言葉や話」だけに限定されますが、「スピーチ」のほうは「祝辞・演説も含めたいろいろな話題を話すこと」を意味している違いがあるのです。

まとめ

「祝辞」「スピーチ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「祝辞」とは「結婚式・入学式などの公式なセレモニー(イベント)で送られる、新しい人生の出発をお祝いするための言葉」を意味していて、「スピーチ」「演説や談話・何らかの式や会合において、複数の人の前で話をすること」を意味している違いがあります。

「祝辞」「スピーチ」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典