スポンサーリンク

「神の計らい」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「神の計らい」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「神の計らい」とは何を指しているのでしょうか。

今回は、「神の計らい」の意味と類似表現について解説します。

スポンサーリンク

「神の計らい」とは?意味

「神の計らい」とは、「人間の力ではどうすることもできない力によるものとしか思えない出来事」を意味する言葉です。

「神の計らい」の概要

「神の計らい」「計らい」とは「処置」「差配」「配慮」など「何かの思惑があって行われる判断」を意味します。

計画的に物事を進めたり気を使って特別扱いしたりするようなことを指して「計らい」と表現します。

「神の計らい」「神様の判断」を意味する言葉で分かりやすくいえば「運命」そのものです。

運命とひとくちにいっても平凡な出来事が起きることもあれば映画のようなドラマチックな出来事に遭遇することもあります。

「神の計らい」とは「誰かが筋書きを書いているとしか思えない出来事」に対して使われる表現です。

あまりにも事がうまく進んでいるときや未来がわかっていてトラブルやアクシデントに次々に見舞われるときなど「偶然で片付けるには出来すぎている事態に直面していること」を指して「神の計らい」といいます。

実査に上に当たるような超常的な存在がいるかいないかにかかわらず「そうであるとしか考えられないほど偶然が上手く重なること」「神の計らい」です。

現実的に考えれば同じような事態に直面しない人もたくさんいますし、似たようなシチュエーションでも別の展開になったケースもたくさんあるはずです。

自分がそのような目にあったのは本当に偶然であるはずなのですが、自分が偶然の当事者にたまたまなってしまうというのを素直に納得するのは簡単ではありません。

人は理不尽な事態に直面すると理由や原因を見つけて安心しようと考えます。

他に理屈がつかないと気に最終的に行き着くのが神の存在であり、これまでに起きた怒った出来事は全て「神の計らい」であると考えることで理不尽に対し無理やり自分を納得させます。

「神の計らい」の言葉の使い方や使われ方

・『道に迷ったが最終的に遅刻することなく目的地にたどりつけたのは神の計らいのおかげだ』
・『自己が起きた場所がたまたま病院の目の前だったのは神の計らいである』
・『電車に乗り遅れたせいで事故に巻き込まれなかった偶然は神の計らいと考えるしかない』
・『離島への転勤命令が神の計らいであるならばあまりにも理不尽である』

「神の計らい」の類語や言いかえ

・運命のいたずら
「たまたまの偶然によっておきた興味深い出来事」を意味する言葉です。

人の力ではどうすることもできない運命そのものがいたずらをしたかのように奇妙で理不尽な出来事に対して使われます。

「神の計らい」には気が利いているというニュアンスが含まれますが、こちらは面白半分で通常では考えられないことが起きている様子に対して使われます。

・天の配剤
「頂上の存在が意識したものであるかのように物事が適切に配置されること」に対して使われる言葉です。

乱世に英雄が表れたり急病人がいる飛行機にたまたま医者が乗り合わせていたりなど、「偶然の一言で片付けるにはあまりにも出来過ぎている人の出会い」を表します。

まとめ

「神の計らい」という言葉はうまいこと配慮してもらったかのような幸運な偶然を意味しますが、わざと困難が与えられる試練に対しても使われます。

合理的に説明できる出来事に使うと安っぽくなってしまうので使う場面には注意しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典