スポンサーリンク

「秘密」と「隠し」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「秘密」と「隠し」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「秘密」「隠し事」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「秘密」とは?

「秘密(ひみつ)」とは、「他人に知られないようにすること・他人に見せたり教えたりせずに隠すこと」を意味している言葉です。

例えば、「その話は二人だけの秘密にしていました」などの例文で使えます。

「秘密」という表現には、「一般・世間に公開されていないこと」「人に知らせていない秘訣(ひけつ)・コツ・奥の手」といった意味合いも備わっています。

例えば、「このお寺には秘密があります」「秘密の技を使えば簡単にできる仕事です」といった文章で使用されます。

「隠し事」とは?

「隠し事(かくしごと)」とは、「人や世の中に知られないように隠していること」「ある人に知られないように意図して隠していること」を意味している言葉です。

「隠し事」という表現には、「その人に知られてしまうと困ること・トラブルになること」「やましいことがあって意図的に隠していること」といった意味のニュアンスがあります。

例えば、「隠し事がばれて妻と修羅場になりました」「家族の間では隠し事をしないようにしています」といった例文で使われます。

「秘密」と「隠し事」の違い!

「秘密」「隠し事」の違いを、分かりやすく解説します。

「秘密」「隠し事」はどちらも「人に知らせないようにしていること」の意味では共通していますが、「秘密」「(特別にやましいことがなくても)ただ見せたり教えたりしないで隠していること」を意味していますが、「隠し事」のほうは「やましいことや知られると困ることがあって、わざと隠していること」を意味している違いがあります。

例えば、「彼女には秘密にしていました」「サプライズのプレゼントの可能性」もありますが、「彼女に隠し事をしていました」とすると「浮気・借金などの知られると困ることの可能性」が格段に高くなるのです。

また「秘密」には「隠し事」にはない、「一般社会にはまだ公開されていないこと」「人に知らせていない秘訣・奥の手」の意味が備わっているという違いを指摘できます。

まとめ

「秘密」「隠し事」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「秘密」とは「他人に知られないようにすること」「一般に公開されていないこと」「人に知らせない秘訣」を意味していて、「隠し事」「ある人に知られないように意図的に隠していること」「その人に知られてしまうと困ること」を意味している違いがあります。

「秘密」「隠し事」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典