スポンサーリンク

「空気清浄機」と「加湿器」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「空気清浄機」と「加湿器」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「空気清浄機」「加湿器」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「空気清浄機」とは?

「空気清浄機」とは、室内の空気をきれいにするものです。

ウイルス、におい、菌、花粉、といったものを除去することが目的で使います。

特に、花粉症、カビによるアレルギーなどが気になる人は室内に設置することが望ましいでしょう。

「加湿器」とは?

「加湿器」とは、室内の乾燥を防ぎ、適度な湿気を作るものを言います。

家電として販売されているものもありますが、エアコンの風が当たる場所に濡れたバスタオルをかけておく、ストーブの上に水の入ったやかんを置いておくことも「加湿器」と言えるでしょう。

「空気清浄機」と「加湿器」の違い!

「空気清浄機」「加湿器」の違いを、分かりやすく解説します。

「空気清浄機」とは、菌、花粉、タバコのにおいなどを除去し、部屋の空気をきれいにするものを言います。

一方「加湿器」は乾燥した室内に、適度な湿気を作り出すものです。

つまり「空気清浄機」だけでは部屋の乾燥を防ぐことはできませんし、「加湿器」は部屋を乾燥させないだけで、菌を除去することはできないのです。

最近では「空気清浄機」に加湿、除湿機能が搭載されたものも販売されており、「空気清浄機」「加湿器」と二つ設置するより省スペースですむ為人気です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「空気清浄機」「加湿器」二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの機能を正しく理解して、覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典