スポンサーリンク

「突貫作業」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「突貫作業」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「突貫作業」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「突貫作業」とは?意味

休みを挟まず一気に行う作業という意味合いです。

作業とは言うものの突貫作業でテスト勉強をするという使い方もありえます。

(言葉としては突貫でテスト勉強をするが正しいです。)また、時間を間に合わせるために急ごしらえとなってしまったものを指すケースも有り、こちらはあまりいい意味合いではなく、突貫作業で作ったから作りが粗いなどという言葉になることもあります。

土木建築工事では突貫工事という言葉になります。

「突貫作業」の概要

突貫作業はこれから大変だという意味合いがあり、先に突貫作業を行うことがわかっていた場合組織ではそれを伝えるのがベターと言えるでしょう。

日曜日の夜から行われ、体育館など学校設備などを使用するため時間制限も厳しい選挙の開票作業などは突貫作業の代表的なものと言えるでしょう。

ただし、突貫作業は危険が伴うものでは作業ミスから始まり、大事故に繋がりかねないため、避けるべきものでしっかりスケジュールを組み、休みも適度に入れて行うのが基本です。

そうは行かないので突貫作業となってしまう側面があるのも否めないでしょう。

言葉としてはもの凄い突貫作業だったなど、強調した使い方も可能です。

反面、ちょっとした突貫作業という言葉は短時間の作業になるため言葉として使えるものとはいい難いです。

突貫作業という言葉は工事以外の作業であれば多くのシチュエーションで使える言葉で、入力作業と積み下ろし作業など全く異なる作業も突貫で行えば突貫作業と言えます。

言葉としての響きの良さ使いやすさも有り、実際には作業と言われない勉強なども突貫作業というケースもあります。

「突貫作業」の言葉の使い方や使われ方

「明日から突貫作業になるので今日のうちにしっかり休むように」「突貫作業だったのでチェック体制に不備が出ないようにしないといけない」「突貫作業だったとは思えないほど完成度が高い」などの使い方があります。

突貫作業という言葉自体は作業員にとっては大変である、出来上がったものを受け取る側には「雑ではないのか?」という面でややネガティブな意味合いが含まれかねない部分があります。

気象状況等によってスケジュールが圧迫され致し方ないというケースも多くなります。

「突貫作業」の類語や言いかえ

突貫でやる、休み抜きでやるなどが言い換えで使え、イコールではないものの近い意味の言葉では徹夜でやる、徹夜作業があります。

ハードな作業というのも取りようによっては近い意味に取れますが、スケジュールのハードさを必ず指すかは限らない点が突貫作業との違いです。

まとめ

突貫作業は休みなく作業をし続けることで、安全面と仕上がりの面ではあまり推奨されたものではなく、仕方なくやらざるを得ないケースが見られます。

徹夜で作業するとは必ずしも同じではないという点が注意すべきポイントと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典