スポンサーリンク

「笹」と「竹」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「笹」と「竹」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「笹」「竹」の違いを分かりやすく説明していきます。

似た雰囲気のある2つの言葉には、どのような違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「笹」とは?

「笹」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「笹」「ささ」と読みます。

「笹」「イネ科の植物で、一般的に丈の低い竹」を意味します。

山野に群生することがおおく、「クマザサ」「アズマネザサ」「ミヤコザサ」「ネザサ」などの種類があります。

「笹の葉」は、長楕円形で先端がとがっているという特徴があります。

また「笹」はカゴやザルなどの道具作りに便利で、古くから農村などで使用されてきました。

また「笹」「ジャイアントパンダ」の食べ物としても有名です。

実にパンダの食事の99パーセントが「笹」と言われています。

毎日10㎏以上の笹を食べる必要があるため、野生のパンダは一日のうちの16時間を「笹」探しと、食事に費やしていると言われています。

「パンダは笹ばかり食べる」「笹が群生していて、歩きにくいったらない」などと、「笹」を使った文章にすることができます。

「竹」とは?

「竹」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「竹」「たけ」と読みます。

「竹」は、「イネ科竹亜科の多年生植物の総称」です。

「竹」は地下茎が発達していて、地面を横に這うように伸びています。

地下茎からまっすぐに伸びるという特徴があり、若芽は「竹の子」と呼ばれ、煮物などに使う食材になります。

「竹」の茎には節があり、節と節の間には、空洞があります。

その空洞を使って、水筒代わりにしていた時代もあります。

現在でも子供のおもちゃの水鉄砲などの材料にすることがあります。

「竹」の小型のものは「笹」と呼ばれています。

「竹」には「マダケ」「孟宗竹」「ハチク」などの種類があります。

細工がしやすいという特徴から、竹細工の剤ろうとして使われており、団扇やすだれなどの材料になっています。

笛や尺八など、楽器の材料にもなります。

「竹はすぐに成長するから、放置できない」「竹のように、まっすぐ育ってほしい」などという「竹」を作った文章を作ることができます。

「笹」と「竹」の違い

「笹」「竹」の違いを、分かりやすく解説します。

「笹」「イネ科の植物で、一般的に丈の低い竹」を意味します。

一方で、「竹」「イネ科竹亜科の多年生植物の総称」となります。

つまり、「笹」「竹」の中に含まれていて、「小さな竹」を意味します。

「笹」のことを「竹」と言っても間違いではありませんが、背の高い「竹」「笹」と言った場合は、間違いとなります。

このように、「笹は竹の一種」で、「小さな竹は笹と呼ぶ」と覚えておくと、混同せずに済むのではないでしょうか。

まとめ

「笹」「竹」の違いについて見てきました。

「笹」「竹」のひとつで、「小さな竹が笹」であることがわかりました。

「笹」「竹」と呼ぶことはできますが、「背の高い竹」「笹」と呼べないため、注意が必要になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典