「築浅」と「築古」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「築浅」と「築古」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「築浅」「築古」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「築浅」とは?

「築浅(ちくあさ)」とは、「中古物件(中古住宅)・賃貸物件の築年数が浅いこと」を意味している不動産用語です。

具体的に築年数が何年であれば「築浅」なのかという客観的な数値の定義はありませんが、不動産業界ではおおむね築10年以内を「築浅」と呼ぶことが多くなっています。

「築浅」の物件のメリットとして「新築に近いほど綺麗・修理やリフォームが当面不要(追加コストがかからない)・ローンが組みやすい」があり、デメリットには「購入価格や家賃が高い」があります。

「築古」とは?

「築古(ちくふる)」とは、「中古物件(中古住宅)・賃貸物件の築年数が古いこと」を意味している不動産用語です。

築年数が何年であれば「築古」なのかの具体的な数値の定義はありませんが、不動産業界ではおおむね築20年以上を「築古」と呼ぶことが多くなっています。

「築古」の物件のメリットとして「購入価格や家賃が安い」があり、デメリットには「見た目の老朽化や設備の故障などが増えやすい・修理やリフォームの追加コストがかかりやすい」があります。

「築浅」と「築古」の違い!

「築浅」「築古」の違いを、分かりやすく解説します。

「築浅」「築古」もどちらも、「中古マンション・中古の一軒家などの中古物件(賃貸物件含む)の築年数に関する不動産用語」であるということでは共通していますが、「中古住宅の築年数が新しいか(浅いか)古いかの違い」があります。

客観的な築年数が何年であるかの定義はないのですが、「築浅」という用語は「中古物件(中古住宅)の築年数がおおむね約10年以内で浅いこと」を意味していて、「築古」「中古物件(中古住宅)の築年数がおおむね約20年以上で古いこと」を意味している違いがあります。

「築浅」には「建物が新しくて傷んでいないメリット・購買価格が高いデメリット」があり、「築古」には「購買価格が安いメリット・建物が古くて修繕が必要になりやすいデメリット」がある違いを指摘できます。

まとめ

「築浅」「築古」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「築浅」とは「中古物件(中古住宅)・賃貸物件の築年数が浅いこと」を意味していて、「築古」「中古物件(中古住宅)・賃貸物件の築年数が古いこと」を意味している違いがあります。

「築浅」「築古」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典