スポンサーリンク

「純粋」と「単純」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「純粋」と「単純」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「純粋」「単純」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「純粋」とは?

「純粋」は混じりけがないさまでオリジナルのままのものを指します。

主に、気体や空気の他液体に用いられるのが「純粋」で不純物が入ってないさまを「純粋」であるとするのです。

「純粋」の使い方

「純粋」は混じりけがないオリジナルのものに対して「純粋」とすることで不純物がないことを意味します。

また、「純粋」は、物でなくとも成立する言葉で、思考の他人物の特徴など様々なものを表現が可能です。

さらに「純粋」は、一つの言葉から何をどうするかを説明することで初めて成立する言葉でもあります。

「単純」とは?

「単純」は、単体のものに不純物が混ざることないさまです。

例えば、水という単体のものがあったと仮定し、もう一つ同じように水が存在した場合、両者は独立して別々に水としますが、どちらがの水が泥が混じっていた場合、泥が混じっている側は泥水となり、「単純」と言える定義から外れた水になるわけです。

「単純」の使い方

「単純」は物事を簡略化してみたり、単体のものが不純物が混じらず存在した場合、用います。

物事を簡略化する場合、「単純な考え」であると記せば、簡単な考えという意味になり、単体のものが不純物が混じらず存在するとする場合、「単純な配色」とすることで絵の具などがオリジナルのまま存在するとするのです。

「純粋」と「単純」の違い

「純粋」は、混じりけがないさまで物や人間の思考など様々なものが混じりけがないとします。

一方「単純」は、一つのものに対して混じりけがないことを指すため、単体で成立するというのが違いです。

「純粋」は、均等に存在するものに何かが混ざらないことを指すので、違いは単体で固有で存在している物かそうではないかが、「純粋」「単純」の違いになります。

「純粋」の例文

・『純粋な気持ち』 この例は、「純粋」とすることで人間が持つ思考に変に混じりけがなく素直であるという意味です。

「単純」でも同じように表現できますが、「単純」の場合、複雑に意味が絡まず一つのことに対してのみ簡単に考えているとするため、人間の持つ気持ちのように複雑な考えを持つものに用いるのは不向きです。

「単純」の例文

「単純な考え」
この例文は、「単純」とすることで一つの考えが楽観的であるとした例です。

「単純」は単体で成立するためこの場合、考えというお言葉を簡略化しているわけです。

この場合、考えを簡素化していることに着目しており、これを「純粋な考え」とした場合、「純粋」「考える」という思考する部分を単体としてとらえず、複雑にとらえるため、どういった考えを示すかを示す必要があります。

例えば、「彼女を振り向かせ自分に惚れさせる純粋な考え方」のようにどのようにすべきかを記載しなければ「純粋な考え」は成立しないのです。

まとめ

「純粋」「単純」の違いですが、意味合いとしては同じ表現に見えますが、「単純」は物事一つに着目して焦点を当てており、「純粋」は物事に焦点を当ててますが広い意味で物事をとらえることができるという違いがあります。

その為、「純粋」は何をどうするかを説明しないと、成立しないことも多いです。

例が「純粋な考え」という言葉は何をどうするから「純粋」であるとするかになり、「単純な考え」の場合、考えるという行為に着目しているが故、簡素な考え方、という意味になるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典