スポンサーリンク

「綺羅星」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「綺羅星」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「綺羅星」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「綺羅星」とは?意味

「綺羅星」は、夜空に光って見える星のことで、星は別に大量にある必要性は無く、たった一つが見えても「綺羅星」です。

なお、フランスの童謡きらきら星は「綺羅星」のことで、実は、子の童謡では、星の数については全く触れられていません。

しかし、星の数を英語で数えるという、物があり、これは、童話のきらきら星を改造して作った歌で、これを知っている人がきらきら星は、数を数える歌という認識を持っているのです。

実際には、きらきら星は、「綺羅星」の数を数える要素なんて一切ない歌になります。

「綺羅星」の概要

「綺羅星」は、科学的に見ると太陽の仲間であるが故、光ります。

「綺羅星」自体の構造は単純で惑星にガスが充満しており、ガスに熱が加わると光り輝くという仕組みで日中に肉眼で見ることができないのは、太陽ほど惑星が大きくない点、太陽ほど地球に近くない点など様々な理由で日中は肉眼では確認できません。

その上で、何故、「綺羅星」が見えにくくなったかですが、これは、地球自体にガスが多いはじめ光を通しにくくなっているが故です。

要は、地球の空気が汚れ、大気に不純物が混ざると光を通しにくくなり星の輝きが見えなくなるのです。

「綺羅星」の言葉の使い方や使われ方

「綺羅星」は、光る星という意味で使用されることもあれば、とあるアニメの秘密結社のことを指すために使用されることもあります。

「綺羅星」を使った例文

・『夜空に一点の綺羅星もない』
この例は、夜空に一つの星すらもないという例です。

恐らく空気がよどんでいて星が一切見えないのだと思われます。

「綺羅星」は、光る星のことで星が見えないのは、星の光を地球側が吸収していて光を通さないが故です。

・『夜空に無数の綺羅星がある』
この例は、夜空に無数の光る星があるという例です。

この例の場合、空気がよどんでいないが故、星の光が地球を通り、視聴する者の目に入っています。

まとめ

「綺羅星」は、フランスの童謡、きらきら星のことで光る星です。

星が光るのは、太陽と同じ理屈で、惑星自体にガスがあり、熱を加えたことでガスに引火して光るのです。

ただ、光ると言っても、太陽ほどの巨大な大きさではないが故、小さい光にしかならず、太陽系のすべての星が、太陽と同じ規模で光れば、太陽が様々な場所にあるということになり眩しくて仕方ない上熱くてどうしようもなくなります。

よって、「綺羅星」は、太陽の仲間であると言えますが、まだ巨大ではありません。

逆に太陽のように巨大な物ばかりがあれば、地球は太陽の熱と光で生物が住むことが可能な惑星ではなくなりますのであくまで星は、光り輝くというだけでとどまっているのがベストです。

なお、「綺羅星」も一応核融合クラスのパワーで爆発を起こしてエネルギーが集まれば太陽になるんですが、爆発を起こす核融合のレベルが分からない点と、太陽を増やす利点が無い点があり、恐らく「綺羅星」を破壊してまで太陽を増やすことはないはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典