スポンサーリンク

「練習」と「トレーニング」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「練習」と「トレーニング」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「練習」「トレーニング」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「練習」とは?

「練習」は、スポーツなどで熟達した領域に達しないものが熟練者と言われる領域に達するよう修練することです。

つまりは、うまくなるために行うのが練習であり、さらなる上達や能力を飛躍的に伸ばすのであれば、「練習」ではなく、「トレーニング」という方法で熟達者は能力を飛躍的に伸ばします。

「練習」の使い方

「練習」を修練であると仮定した場合、その行い方は未熟達者が修練することでスポーツであれば何とか形にすることに用います。

ですが、注意すべく点は、未熟達者が鍛錬である「トレーニング」を行った場合、スポーツにおいては熟練者の域に達していないが故鍛錬中にケガをする可能性が高いためスポーツの熟達者ではない者は「練習」を行うのが正しい在り方です。

「トレーニング」とは?

「トレーニング」はスポーツの熟達者がさらなる運動能力や必殺技のようなものを習得するために行う基礎練習から外れた鍛錬です。

「練習」は基礎訓練であるに対して、こちらは、基礎訓練から外れ、自己の能力を伸ばすことのみに着目しています。

「トレーニング」の使い方

「トレーニング」は、主に自己の運動能力を伸ばしてスポーツであればスポーツで活躍できるよう体を作り上げることです。

逆を言えば、練習は単にうまくなることが重要で体を作り上げることではなく、むしろなんとかできるようになれさえすれば良しとしています。

ですが、「トレーニング」は、できて当たり前の人物がさらに上を目指すために取り入れる訓練です。

「練習」と「トレーニング」の違い

「練習」「トレーニング」の違いは、スポーツの修練であると仮定した場合、「練習」は単に形として見れるスポーツとしてモノにすることを前提としているのに対し、「トレーニング」は熟達者がさらに上を目指すために存在する訓練プログラム群です。

その為、違いは訓練法が異なり、「トレーニング」はさらに上を目指すために個々が取り組む鍛錬になります。

「練習」の例文

・『自転車に乗る練習をする』 この例は、形だけでも自転車に乗ることができれば良しとしている例です。

何故なら、「トレーニング」ではなく、「練習」とある点がポイントで「練習」は単に自転車に乗れればそれでよしとしているためです。

その為、多少ふらつこうが気にぶつかりそうになろうと関係なく、自転車に乗れたという事実を優先します。

「トレーニング」の例文

・『ロードバイクのトレーニングメニューを考える』 この例は、ロードバイクに乗れるものが自分用に鍛錬メニューを考えるという例です。

「トレーニング」とあるように、自己の能力を伸ばすことを目的に訓練をしています。

まとめ

「練習」「トレーニング」の違いは、鍛錬法にあり、「練習」はあくまで形になりさえすれば良しで、「トレーニング」は骨折などの怪我をする可能性もありますが、自分の能力を飛躍的に伸ばす有効な鍛錬法であるという違いがあります。

その為、スポーツ選手が行っている物は「トレーニング」で、熟達者であるが故、自己のさらなる能力を伸ばすために鍛錬しているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典