スポンサーリンク

「老けてる」と「大人びてる」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「老けてる」と「大人びてる」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「老けてる」「大人びてる」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「老けてる」とは?

「老けてる」「ふけてる」と読みます。

意味は「実年齢よりも年を取って見えること」です。

現在のその人の年齢よりも年を取って見えるということであり、人により度合いが変わります。

何歳に対して何歳上に見えるかという目安はなく、あくまでその人の年齢が基準になり、それ以上に見えることを表します。

ただし、「老ける」「高齢化する」という意味ですので、1歳~2歳程度上に見えることよりも、5歳~10歳位上に見える時に使われることが多くなります。

「大人びてる」とは?

「大人びてる」は、「おとなびてる」と読みます。

意味は「子供がまるで大人の様な振る舞いをする様子」です。

基本的に子供に対して使われる言葉で、容姿が淡麗である、落ち着いた態度を取っている、世間事情に詳しいなど、まるで大人の様な言動をすることを表します。

「老けてる」と「大人びてる」の違い!

「老けてる」「実年齢よりも年を取って見えること」です。

「大人びてる」「子供がまるで大人の様な振る舞いをする様子」です。

まとめ

今回は「老けてる」「大人びてる」の違いをお伝えしました。

「老けてるは実年齢より上に見える」「大人びてるは子供が大人の様に見える」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典