スポンサーリンク

「職種」と「業種」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「職種」と「業種」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「職種」「業種」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「職種」とは?

「職種」は、対象となる人物が行っている仕事の種類で部署のことです。

例えば、対象となる人物が、悪の組織で働いていると仮定した場合、その人物は何をしているかが「職種」です。

怪人を生み出す仕事をしているのか、はたまた幹部で他の怪人を指導する教官の立場にあるかが「職種」になります。

「業種」とは?

「業種」は、対象となる人物が所属する会社側に課せられる種類です。

例えば製造業だったり、印刷業だったりと会社がどのような事業を手掛けているかが「業種」です。

なお、複数の業種を手掛ける会社という物も存在しており、これも悪の組織であれば、怪人を製造するのは工場で製造しているのであれば、一応製造業という分類を持ち、かつ、怪人を派遣してヒーローに倒されるということまでを仕事としているのであれば、地域に怪人を派遣する派遣業も兼ねています。

「職種」と「業種」の違い

「職種」「業種」の違いは、会社で働くというケースにおいては、自分が働く部署がどうであるか、と会社の事業がどうであるかです。

「職種」の例文

・『私の職種は、怪人を開発する開発部です』
この例は、自分の所属する仕事が怪人を作り出す開発の仕事であるという例です。

「職種」は、人物がどのようなことを本業で行っている部署であるかでこの場合は開発部で、怪人を量産する場合は製造部になります。

・『履歴書に前職種を記載する』
この例は、前の会社でのおなたのポストを記載している例です。

例えば、営業部や製造部の他研究部などが該当する部署で、個人経営であれば、どの様なことをしていたかを記載すれば「職種」となります。

「業種」の例文

・『私の勤め先は怪人を作り出す製造業です』
この例は、自分が働いている会社の主な事業のことを述べた例です。

ただし、これはあくまで架空の話で、実際にヒーローと戦うような怪人を作る会社があり、そこの製造事業に着手する人物などはまず存在しません。

・『とても履歴書に記載できる業種ではない』
この例は、自己が過去に働いていた会社の事業内容がとても記載できるようなものではないと述べた例です。

例えば、製造業と記載した場合、何を作っていたかを履歴書で聞かれると仮定した場合、製造業と書いてよいかを迷っているのが上記の例になります。

まとめ

「職種」「業種」の違いは、自分から見て、どの様な仕事をしていたか、もしくは仕事をしていた場所を指すか、会社側がどう見らているかという違いです。

「業種」は、会社型の事業者から見てどうみられているかに当たり、たとえ、怪しいビジネスをしていても、該当する事業であればそれを名乗ることが可能です。

例えば、怪人を作るという事業を手掛けている場合、実質製造業になります。

そして、「職種」はどのような仕事をしていたかですから、これも、怪人を研究して生み出すのであれば、開発部が「職種」になるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典