「脇目も振らない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「脇目も振らない」とは?

「脇目も振らない」という言葉を知っているでしょうか。

「脇目も振らないで、仕事をする人」が会社の仲間にいるかもしれません。

一方で、「脇目も振らない」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「脇目も振らない」という言葉の意味を紹介します。

「脇目も振らない」の読み方

「脇目も振らない」「わきもふらない」と読みます。

「脇目」「わきめ」「振らない」「ふらない」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

「脇目も振らない」の意味

「脇目も振らない」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「脇目も振らない」には、「心を散らさず、一心に」という意味があります。

「脇目も振らないで、仕事をする人」は、仕事にだけ集中し、心を散らさずに一心に作業する人を言います。

このように「脇目も振らない」という言葉には、「心を散らさず、一心に」という意味があります。

「脇目も振らない」を使った例文や短文など

「脇目も振らない」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「脇目も振らない」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

「脇目も振らない」を使った例文1

「彼女だけを見て『脇目も振らない』彼氏」

この例文に登場する彼氏は、女性にとって理想的な男性かもしれません。

付き合っている時は、パートナー以外に心を散らさないため、安心して付き合えるでしょう。

「脇目も振らない」を使った例文2

「週末は『脇目も振らない』で、ゲームに集中する」

この例文のような週末の過ごし方をする人もいるでしょう。

ゲームだけに集中し、食事や家事などに心を散らさずに、一日を過ごします。

思い切り趣味を楽しむことで、平日の仕事に集中できるかもしれません。

「脇目も振らない」の類語や類義語・言い換え

「脇目も振らない」の類語や類似表現を紹介します。

「脇目も振らない」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

「集中」【しゅうちゅう】

「集中」には、「一か所に集めること」という意味があります。

例えば「仕事に集中する」という時は、思いや考えを、仕事に集めることという意味があります。

仕事をしながら、恋人のことや家事のことを考えたりしません。

「熱中」【ねっちゅう】

「熱中」には、「一つの物事に深く心を傾けること」という意味があります。

「趣味に熱中する」「勝負事に熱中する」などという使い方をします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典