「腐食」と「腐蝕」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「腐食」と「腐蝕」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「腐食」「腐蝕」はどちらも「ふしょく」と同じ読みをしますが、違いを知っていますか。

この記事では、「腐食」「腐蝕」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「腐食」とは?

「腐食」には、2つの意味があります。

1つは、腐って形が崩れること、腐らせて形をくずすことです。

「リンゴが腐食する」のように使用します。

もう一つの意味は、金属素材が水や酸素などによって化学変化を起こし、変質・消耗していくこと、またその現象のことです。

「釘が腐食する」のように使用します。

「腐」には、くさる、くちるという意味があり、「食」には、欠ける、そこなうという意味があります。

「腐蝕」とは?

「腐蝕」「腐食」と同じ意味です。

腐って形が崩れること形を崩すことや、金属素材が水や酸素などによって化学変化を起こし、変質・消耗することを意味します。

「蝕」には、むしばむ、そこなう、おかすという意味があります。

常用漢字表にない漢字です。

「腐食」と「腐蝕」の違い

「腐食」「腐食」は同じ意味を持っています。

しかし、生物的なものに関しては「腐食」、生物以外のものに関しては「腐蝕」を使うとする場合があります。

また、「食」は常用漢字ですが、「蝕」は常用漢字表にない漢字という点が異なります。

まとめ

「腐食」「腐蝕」は、どちらも「ふしょく」と読み、意味は同じですが、使われている漢字が常用漢字なのか、そうでないのかの違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典