スポンサーリンク

「航空券」と「搭乗券」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「航空券」と「搭乗券」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「航空券」「搭乗券」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「航空券」とは?

「航空券」とは、利用する航空機の便名や出発時間、予約者名などがかかれた紙のチケットの事です。

一般的にチケットと呼ばれているものです。

この「航空券」をなくすと、飛行機に乗る事が出来なくなり、新たに買い直す必要がありました。

最近では、デジタル化が進み、この紙の「航空券」は次第にデジタル化・電子化され、一般的に「Eチケット」と呼ばれるものに変わりました。

この「Eチケット」は紙の「航空券」に記載されていた内容が航空会社のコンピューターに保存され、その控えに当たるものが旅行代理店にメールで送付されたものをプリントアウトして「Eチケット控え」として渡されたり、直接利用者のスマホ等にメール送信されます。

この「Eチケット」はあくまで利用者側の控えであり、万が一なくしても情報は航空会社のコンピューターに残っているので、何度も再発行してもらえ、かつての紙の「航空券」の様に、買い直す必要はないのです。

「航空券」は電子化されて「Eチケット」に変わりましたが、その「Eチケット」も含めて「航空券」とは利用者がチケットを購入し、その航空機の便名や出発時間、予約者名などの情報が明示・記録されたものだと言えます。

「搭乗券」とは?

「搭乗券」「ボーディングカード」とも呼ばれ、 飛行機に乗る前にチェックインカウンターで発券される座席番号が記載された整理券に当たるものです。

これは利用者側にとっては、飛行機に乗る際に機械に通した後、自分の座るべき座席を知るだけのものです。

しかし航空会社や空港にとっては、荷物だけを預けて実際に搭乗しないというテロの可能性を排除するための目的もあるのです。

現在では国内線においては、チェックインカウンターに立ち寄って「搭乗券」を入手せずに、マイレージカードやスマホの提示で保安検査場で座席番号を書いたレシート的なものを受け取って、搭乗できると言う便利な方式が普及しています。

これは「航空券」「Eチケット」化した事で可能となったもので、チェックインカウンターで大きな荷物を預ける必要のない場合には、非常に便利な仕組みです。

「航空券」と「搭乗券」の違い

「航空券」とは、利用する航空機の便名や出発時間、予約者名などがかかれた紙のチケットや、最近一般的になっている電子化された「Eチケット」を指します。

それに対して、「搭乗券」「ボーディングカード」とも呼ばれ、飛行機に乗る前にチェックインカウンターで発券される座席番号が記載された整理券に当たるものです。

デジタル化・電子化されてシステムは進化し、いわゆる「券」の形は変化しても、「航空券」を提示して「搭乗券」をもらい、飛行機に搭乗すると言う流れは今も変わっていません。

まとめ

「航空券」とは、利用する航空機の便名や出発時間、予約者名などがかかれた紙のチケットや、「Eチケット」を指します。

一方の「搭乗券」は飛行機に乗る前にチェックインカウンター等で発券される座席番号が記載された整理券に当たるものです。

2つの「券」の果たす役割は違ったものであり、その形態は変化しても、何らかの形で両方の機能は今後も残るものと考えられます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典