スポンサーリンク

「良妻」と「賢母」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「良妻」と「賢母」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「良妻」「賢母」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「良妻」とは?

最初に「良妻」(りょうさい)の意味をご説明致します。

「良妻」とは、夫にとって良い妻であるということです。

この場合は、結婚していて子供がいないことが前提となります。

「賢母」とは?

次は「賢母」(けんぼ)の意味を解説していきます。

「賢母」の場合は、子供にとって良い方向になるように、賢い判断してくれる母親のことを指しております。

そして、結婚して夫と子供がいることが前提になりますので、この場合は「良妻賢母」という表現を使うことも可能なのです。

「良妻」と「賢母」の違い

続きましては、「良妻」「賢母」の違いを取り上げてみましょう。

「良妻」とは、夫を助けてくれる妻のことです。

「賢母」は、子供からすると非常に頼りがいのある、賢い母を指しております。

後者の方は、夫の存在もありますので、「良妻賢母」と表現することもあるのです。

「良妻」と「賢母」の使い方の違い

この項目においては、「良妻」「賢母」の使い方の違いを説明します。

「良妻」を使うときは、夫にとって良き妻の女性を表現するときに使います。

そして、「賢母」の方は、子供にとってためになる母親を表現したいときに使っていきます。

それぞれの使い方を書きます。

前者の使い方

「僕は良妻と結婚できて、幸せ者だ」

後者の使い方

「うちの母親は賢母だと思う」

「良妻」と「賢母」の英語表記の違い

「良妻」「賢母」の英語表記の違いを取りあげます。

「良妻」を英語にすると、“Good wife”になります。

「賢母」を英語になおすと、“wise mother”です。

両方の例文も書いてみます。

前者の例文

「My second wife was a good wife, so my days are very fulfilling.」(後妻が良妻だったので、非常に日々が充実しております)

後者の例文

「I want my mother to be a wise mother」(うちの母親も賢母になってほしい)

「良妻」を使った例文

ここでは「良妻」を使った例文を書いていきます。

・『先日、亡くなった妻は良妻だったと思います』

・『良妻は夫を立ててくれる』

・『良妻と言われる妻は、皆、美人が多い』

・『良妻だとしても、夫の影響で悪妻になることもある』

・『良妻賢母になれるように努力している』

「賢母」を使った例文

最後に「賢母」を使った例文を書きます。

・『賢母は節約や料理が上手だ』

・『良妻賢母の家庭は、いつも楽しく暮らしている』

・『賢母は家庭に入り、子供たちの世話を第一にしている』

・『父が死んでから、母親は賢母になったように僕は思う』

・『賢母になる人は、やり繰りなどが上手い人が多いかもしれない』

まとめ

まとめとして、「良妻」とは、夫を立てて、助ける良き妻です。

そして、「賢母」とは、子供に将来役立つことなどを、賢く教える母親を指しております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典