スポンサーリンク

「色恋沙汰」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「色恋沙汰」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

男女の関係性に関連する言葉として「色恋沙汰」という表現があります。

やや古風な印象を受けるこの言葉ですが具体的にはどのような意味で使われているのでしょうか。

今回は、「色恋沙汰」の意味と類似表現について解説します。

スポンサーリンク

「色恋沙汰」とは?意味

「色恋沙汰」とは、「恋愛や愛欲に絡んで怒るさまざまな騒動」という意味の言葉です。

「色恋沙汰」の概要

「色恋沙汰」「色恋」とは「男女の感情的肉体的な関係」を意味する言葉です。

恋愛も含みますがそれだけではなく根源的な欲求を重視した表現で、精神的なつながりだけではない直接的な肉体関係も含無意味合いで使われる言葉です。

「色恋沙汰」「沙汰」とはもともとは善悪や罪科など「物事の是非を見極めること」を指す言葉でしたがそこから転じて「見極める必用がある問題行為」という意味で使われています。

つまり「色恋沙汰」とは「男女の恋愛や愛欲絡みの問題行為」を指しています。

大抵の場合はそのような問題行為は周囲を巻き込むことになるため、「周囲を巻き込む恋愛絡みのトラブル」という意味合いで使われています。

やや古い言い回しであり落語や時代劇などではよく耳にする言葉ですが現代では使われる機会が減った絶滅危惧後の一種です。

恋愛や愛欲に対する価値観が時代とともに大きく変わったこともひとつの要因ですが「色恋沙汰」に該当するトラブル自体が減っているわけではなく出会いが多様化した現代ではむしろ増加傾向にあることを考えると言葉そのものの古い言い回しが使われなくなった大きなる理由だと考えられます。

一般的にや揉め事やトラブルなどあまり良くない意味合いで使われますが程度は様々で必ずしも悪い状況ではない場合もあります。

カップル同士のちょっとした喧嘩から一生をかけての大恋愛まで、どのような状況であってもそれが男女の恋愛や愛欲に起因するものであれば「色恋沙汰」と表現されます。

あまり上品な言葉ではなく俗な言い回しとして使われる庶民的な表現です。

「色恋沙汰」の言葉の使い方や使われ方

・彼は仕事はできるのにいつも色恋沙汰で出世を棒に振っている。

・色恋沙汰にかまけていないで勉強に集中しなさい。

・芸能人の色恋沙汰を面白おかしく取り上げる雑誌。

・近頃のドラマといえば警察か医者、それと色恋沙汰ばかりで新鮮味がない。

「色恋沙汰」の類語や言いかえ

・痴情のもつれ
「男女感の恋愛や愛欲が原因で起きる揉め事」という意味の言葉です。

一般的には事件の動機に使われる言葉で、カップルや夫婦もしくは不倫関係など男女の間柄に起因する事件を指して「痴情のもつれによる犯行」と表現します。

精神的なつながりだけでなく肉体関係を含む色欲的なニュアンスが強く込められた表現です。

・ラブコメ
「恋愛関係を中心して描かれるコメディチックな物語」を指す言葉です。

もともとは演劇や漫画など創作物のジャンルを指す言葉でしたが、現在ではその意味合いから転じて「現実に起きているドラマのような恋愛絡みの出来事」を指す言葉として使われています。

「色恋沙汰」に比べるとユーモラスなニュアンスが強く、ドロドロとした生々しい恋愛ではなく当人同士は真面目でも外野から見ると喜劇に見えるような微笑ましさを残す恋愛模様を指しています。

まとめ

日常生活では耳にする機会が少ない「色恋沙汰」ですが小説などではまだまだ現役で使われている言葉です。

言葉の意味そのものは難しくないのできちんと知っておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典