スポンサーリンク

「蘇る」と「甦る」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「蘇る」と「甦る」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「蘇る」「甦る」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは最初に「蘇る」から見てみます。

スポンサーリンク

「蘇る」とは?

最初に「蘇る」(よみがえる)の意味をご説明致します。

「蘇る」とは死んでしまったものや、力が尽きそうなものなどが、息を吹き返すことです。

もっと簡単にいいますと、生き返ると解釈すると分かりやすいでしょう。

「甦る」とは?

次に「甦る」(よみがえる)の意味を解説していきます。

こちらの「甦る」の意味も前者と、同じになります。

しなしながらこちらの、表記は一度勢いがなくなってしまったものが、盛り返す意味合いのときに使われます。

「蘇る」と「甦る」の違いとは?

ここでは「蘇る」「甦る」の違いを取り上げてみましょう。

「蘇る」の場合は力尽きてしまったものや、力が尽きそうなものが、息を吹き返すことを表現しております。

「甦る」の場合も前者と同じ意味でも使えます。

しかし後者の表記の場合は、盛んだったことが廃れてしまっていたものが、また勢いを取り戻すことを指しているのです。

「蘇る」と「甦る」の使い方の違い

この項目においては、「蘇る」「甦る」の使い方の違いを説明します。

「蘇る」を使う場合は死者が生き返ることや、死人になってしまいそうなものが、奇跡的に力を盛り返すときに使います。

「甦る」を使うときは上記の意味としても使えます。

しかし基本的には廃れて忘れ去られてしまったものが、何かのきっかけで盛り返すときなどに使うのです。

それぞれの使い方を見てみましょう。

前者の使い方

「死んでしまった母方の祖母が蘇るならば、礼をいって詫びたい」

「死の淵を彷徨っていたものが、奇跡的に蘇るとは。やはり人間の免疫力は凄いものがある」

後者の使い方

「古びた映画館を改装して、甦ることを願っている」

「また売り上げが甦ることを期待している」

「蘇る」を使った例文

ここでは「蘇る」を使った例文を書いていきます。

・『故人が蘇ることなど、あるのだろうか』

・『死にかけていた人が、蘇る一部始終を見ていた』

・『生きるという信念が、死にかけても蘇る力をくれるのかもしれません』

・『戦友が蘇るのならば、一緒に酒を飲みたいと祖父がいっておりました』

・『死んだお婆ちゃんが、蘇ることはないのだろうか。などと考えてしまう自分がいるのも事実である』

「甦る」を使った例文

最後の項目においては、「甦る」を使った例文を書きます。

・『思い出が甦ることで、ひとときでも楽しい時間を過ごせるのだ』

・『最近、昔の記憶が甦ることがあります』

・『蛇の目傘が甦ることを、個人的には祈っております』

・『スクラップになった旧車だったが、レストアされてから甦ることになりました』

・『零戦が甦ることは、闘った人やマニアにはたまらないだろう』

まとめ

まとめとして「蘇る」とは、死人が蘇ることや力が尽きそうなものが、蘇ることです。

息を吹き返すと解釈するといいでしょう。

また「甦る」の方は、廃れてしまったものなどが、また盛り返して勢いを増していくさまを表しているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典