スポンサーリンク

「袖を引く」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「袖を引く」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「袖を引く」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「袖を引く」とは?意味

「袖を引く」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「袖」「そで」と読みます。

「袖」には「衣服の筒状になっていて、腕を通す部分の名称」という意味があります。

「袖を引く」は、まさに「衣服の袖を引く行為」を意味しますが、加えて二つの意味が含まれています。

まず「人を誘う。

催促する」
という意味があります。

たとえば、Aさんを自分の方に誘うとき、「Aさんの袖を引く」ことになります。

「袖を引く」ことによって、物理的に人をある方向にいざなうことができます。

次に「そっと注意する」という意味があります。

「袖を引く」の概要

「袖を引く」という言葉には、衣服の袖を引くという行為に付随した、二つの意味があります。

一つ目として、誰かの行動をいざなうときや、催促するときなどに、「袖を引く」という言葉を使うことがあります。

子供が親に「帰ろう」という意思を示すときなどに、袖を引いているのを見たことがあるかもしれません。

このようなとき、「帰りたいと、子供が親の袖を引く」と表現することができます。

二つ目として「そっと注意する」という意味があります。

他の人に気づかれないように注意をするため、自分に近づけたり、人から話すようにして、「袖を引く」ためです。

このように、「袖を引く」には、袖を引くという動作に含まれる、二つの意味があります。

「袖を引く」の言葉の使い方や使われ方

「袖を引く」という言葉は、二つの意味があります。

まず、ひとをいざなったり、催促するときに使います。

例えばB君のことが好きなA子さんが、B君の袖を引いて、自分の方に来るよう引っ張ることがあるかもしれません。

このような時、「こっちに来てと、A子さんが、B君の袖を引く」と表現できます。

次に、「そっと注意する」ときに使います。

例えば、ビジネスシーンで取引先と打ち合わせをしているとき、感情的になっている後輩を見た先輩が、後輩の袖を引いて、席を離れるかもしれません。

このような場面で、「落ち着けと、後輩の袖を引く」という言い回しをすることができます。

「袖を引く」の類語や言いかえ

「袖を引く」の類語として、「いざなう」があります。

「いざなう」には、「さそう」「さそい、連れていく」という意味があります。

ビジネスシーンで使うことがある言葉で、上司が部下を、一人前の社会人にするよう、さそい連れて行くようなとき、「上司が部下を、一人前へといざなう」などとい言います。

また、旅行にさそい、連れて行くことを、「旅にいざなう」と言ったり、子守歌などをうたって眠くなるようにする場合に、「眠りの世界にいざなう」などという言い回しをすることがあります。

まとめ

「袖を引く」という言葉についてみてきました。

「袖を引く」という行為に秘められた意味を想像することで、この言葉の持つ「いざなう」「そっと注意する」という意味を覚えることができるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典