「複製品」と「復元品」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「複製品」と「復元品」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「複製品」「復元品」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「複製品」とは?

「複製品(ふくせいひん)」とは、「オリジナルのものと同じになるようにコピーした製品・品物」「原本(本物)と同じになるように別につくったもの」を意味している言葉です。

「複製品」という表現には、「美術品(芸術品)・著作物の原作品とそっくりになるように、模倣してつくったもの」の意味合いもあります。

例えば、「絵画の複製品になると市場価値は格段に落ちてしまいます」といった例文で使用できます。

「復元品」とは?

「復元品(ふくげんひん)」とは、「元の姿になるように再現してつくった品物・製品」を意味している表現です。

「復元品」という言葉は、「何らかの理由で失われた原本・原作(オリジナルのもの)について、記録・情報・断片を元にして再現したもの」を意味しているのです。

例えば、「古代の建物や備品については、復元品を展示しています」などの文章で使われます。

「複製品」と「復元品」の違い!

「複製品」「復元品」の違いを、分かりやすく解説します。

「複製品」「復元品」もどちらも、「本物(オリジナル)ではない製品・品物である」という点では共通していますが、「複製品」のほうは「本物(オリジナル)と同じになるようにコピーされたもの・美術品などで原作を模倣してそっくりになるようにつくったもの」を意味しています。

「複製品」に対して「復元品」というのは、「何らかの理由で失われたものを、記録・情報・原本の部分に基づいて、元の姿と同じになるように再現したもの」を意味している違いがあります。

「複製品」とは「完全なコピー品・美術品などの模倣品」を意味していて、「復元品」のほうは「オリジナルがないものについて、元通りの姿になるように再現した品物」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

「複製品」「復元品」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「複製品」とは「オリジナルのものと同じになるようにコピーした製品・品物」を意味していて、「復元品」「失われたものを元の姿と同じように再現した品物・断片的な情報を元にして再現した品物」を意味している違いがあります。

「複製品」「復元品」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典