スポンサーリンク

「複雑」と「難しい」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「複雑」と「難しい」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「複雑」「難しい」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「複雑」とは?

「複雑」とは、物事の事情や関係がこみいっていること、また入り組んでいて、簡単に理解・説明できないこと、さらに一面的ではないことやその様を指す言葉です。

『手続きがやたら複雑です。』や『その話を聞いて、複雑な気持ちになった。』の様に使用されます。

「難しい」とは?

「難しい」とは、 理解や習得がしにくかったり、「複雑」でわかりにくい事を指す言葉です。

また状況などが込み入っていて、対処するのがやっかいである場合や、解決したり実現したりするのが困難な場合にも、「難しい」を使います。

さらに、機嫌が悪い事が多く、好みなどにうるさい事を指す意味もあります。

この例では、『あの人は、何かにつけて難しい人だ。』の様に使用します。

「複雑」と「難しい」の違い

「複雑」とは、物事の事情や関係がこみいっていること、また入り組んでいて、簡単に理解・説明できないこと、さらに一面的ではないことやその様を指す言葉であり、一方の「難しい」とは、 理解や習得がしにくかったり、「複雑」でわかりにくい事を指したり、また状況などが込み入っていて、対処するのがやっかいであることを指す言葉で、何となく似ている言葉と見えるでしょう。

しかし実際には、「複雑なこと」「難しいこと」は同じなのでしょうか?また同じとみなして行動すべきなのでしょうか? 何か課題の解決方法を考えて取り組み場合に、の課題が「複雑」な要素を持っていれば、確かに一見「難しい」と思えるかも知れません。

しかし「複雑」な要素をツリー表示等で整理すれば意外と問題の本質が見えて、その解決策が意外と簡単で「難しい」ものではない事が多いのです。

「複雑」なことは「難しい」と見える傾向がありますが、決して「複雑」なことイコール「難しい」事ではないのです。

また物事に対処する際に、「複雑」なことイコール「難しい」ことだと思い込んで、挑戦する事を避けてしまう事は、適切な行動とは言えません。

例えば、ビジネスマン等は、前例もなく「複雑」な事態に遭遇し、その解決を行う必要性に迫られる事は少なくありません。

そんな時に「複雑」なことイコール「難しい」ことだと、最初からギブアップする様では自己成長も図れません。

言葉としては「複雑」な意味には「難しい」と言うニュアンスが含まれています。

しかし、「複雑」「難しい」は同義語でもなく、実際に「複雑」でも「難しい」と言えない簡単な事もあるのです。

まとめ

「複雑」とは、物事の事情や関係がこみいっていること、また入り組んでいて簡単に理解・説明できないことを指す言葉です。

一方の「難しい」とは、 理解や習得がしにくかったり、対処するのがやっかいである場合や、解決したり実現したりするのが困難な場合を指す言葉で、少し似た言葉に思えます。

これは「複雑」の意味に「難しい」と言う意味のニュアンスが入っているからです。

しかし「複雑」であっても、「難しい」とは言えない簡単な物事もあります。

自己成長を考えるなら、「複雑」「難しい」を全く違うものだと考えて、取り組む事が大切と言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典