スポンサーリンク

「要点を絞る」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「要点を絞る」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「要点を絞る」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「要点を絞る」とは?意味

「要点を絞る」「要点」とは「ものごとの大切な点」を意味する言葉で、また「絞る」にはいくつもの意味がありますが、その中に「整理して狭める」と言う意味があり、ここではこの意味で使われています。

従って、「要点を絞る」の慣用句は、「ものごとの大切な点を整理して狭める」と言う意味になります。

「要点を絞る」の概要

「要点を絞る」と言う慣用句は、日常的に使う事が多く、多くの方はその意味を漠然とでもご存知の事でしょうが、改めてその意味を明示すると前項の様になります。

この「要点を絞る」と言う慣用句は、ビジネスにおける会話やプレゼン等においては、非常に重要である事や、また「要点を絞る」テクニック等についても、色々と取り上げられています。

会話においては、ダラダラと長く話していながら、相手に言いたいことが伝わらない人もいます。

一方で、簡潔に話しているのに、すんなりと相手の人の頭に入り、話の内容が残る話し方が出来る人もいます。

後者の人は話すべき内容の「要点を絞る」事が出来ているからなのです。

またビジネスで行われるプレゼン等においても、訴求したいことが沢山あっても、その中で最も重要な点を3項目程度に「要点を絞って」訴求する事が大切だと言われています。

これは、人が記憶に刻み込めるのが、せいぜい3項目程度である事から、こうしたテクニックが有効だとされているのです。

さらにプレゼンでは、その「要点を絞った」3項目を最初に打ち出し、その後に順次3項目の詳細説明をすれば、より理解が進み、記憶に刻まれ、有効だとも言われています。

少し言葉の意味からはそれましたが、人は相互間の意思疎通を会話や文章等により図っており、この意思疎通をスムーズに行うためには、「要点を絞る」能力が大切であり、意識してそのスキルを磨く事も大切だと言えるのです。

「要点を絞る」の言葉の使い方や使われ方

「要点を絞る」の言葉は、『彼から長々と説明を受けたけれど、要点を絞る事が出来ていなかったため、何を言いたかったのか、記憶に全く残っていない。』や『コミュニケーションスキルとして、要点を絞る能力が極めて重要です。』の様に使われます。

「要点を絞る」の類語や言い換え

「要点」の類語としては「核心」「ポイント」「主意」などを挙げる事が出来ます。

従って「要点を絞る」の言い換えとしては、「核心を絞り込む」「ポイントをまとめる」「主意を絞る」などと言い換える事が出来ます。

まとめ

「要点を絞る」とは「ものごとの大切な点を整理して狭める」と言う意味の慣用句です。

人は一度に沢山の事を話されても、全てを記憶する事が出来ません。

従って、会話やビジネスにおけるプレゼン等においては、3項目程度に「要点を絞る」事で記憶に残るようにする事が大切で、そのスキルを身に付けるべきだと言われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典