スポンサーリンク

「覇権」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「覇権」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、覇者としての権力などの意味を持つ「覇権」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「覇権」とは?意味

覇者としての権力、力をもってする支配力や、圧倒的な軍事力、政治力、天然資源の豊富さなどによって他国を支配することや、競技などで優勝して得る栄誉を指す言葉で、覇権を手にする、派遣を掌握する、覇権を握るなどの使い方があります。

「覇権」の概要

力を持って他国を支配するという意味合いの覇権はいわゆる戦国時代や第二次世界大戦後の概念で、現在は軍事力によって覇権を握るというスタイルは国際社会では縮小気味ではあるものの、中国が覇権主義と言われており、香港や台湾、日本など隣国への対応が問題視されていることはありますが、圧倒的に軍事で攻め込むという自体には至っていません。

経済的な覇権という考え方はありえます。

競技で優勝するケースの覇権は言葉として使われているものの、支配力まで得られるものではなく、例えばプロ野球で優勝した場合FAやドラフトで優位性が得られるというシステムはありません。

強いて言えばボクシングなど格闘技のチャンピオンが引き分けでも王座を維持できることが覇権と言えなくもないですが、それほど凄みのあるケースとは言えません。

インターネットスラング的にアニメの覇権という言葉がありますが、これはシーズンの中で視聴率が高い、DVDやブルーレイの売上も高い、各方面で話題になっているの3つのうち少なくとも2つは達成している必要があります。

この場合の覇権は評価として存在しており、特に他のアニメを支配するなどの概念はありません。

英語では覇権はhegemony、ヘゲモニーと読み、響きの悪さからか日常レベルで使われる言葉ではありません。

「覇権」の言葉の使い方や使われ方

「ナポレオンは覇権を握っていたが、冬の寒さの前に倒れた」「徳川家康は当時の日本で覇権を握り、長い江戸時代を築いた」「家庭用ゲーム機で覇権を握るのはどれだ」「セ・リーグの覇権は2021年はスワローズが握った」などの使い方があり、基本的に競い合う、争う状況で使われます。

「覇権」の類語や言いかえ

アニメの覇権や優勝するという意味合いの覇権であればトップに立つ、頂上をとる、頂点をとる、王者になる、勝者になる、最後まで勝ち抜く、覇者となる等が挙げられますが、国を支配するケースでは類語とはいい難いでしょう。

国を支配するほどの覇権という言葉は支配する、征服するという言葉が類語と言えますが、ややニュアンスが違う面はあります。

まとめ

覇権という言葉は意味合いに戦国時代などの歴史をイメージさせる支配的な力強さ、競技やスポーツなどで優勝するなどの地位の高さなどがあり響きの良さ、字面の良さもあり幅広く使われ、アニメの覇権などという言葉の使われ方もあります。

ただし英語で覇権を意味するヘゲモニーは響きの悪さもあってか幅広く使われている言葉ではありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典