「言い訳」と「説明」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「言い訳」と「説明」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「言い訳」「説明」の違いを分かりやすく説明していきます。

「言い訳」とは?

「言い訳(いいわけ)」とは、「何か間違ったことをした時に、自分の言動を正当化しようとして事情・理由の説明をすること」を意味している言葉です。

「言い訳」には、「間違え・ミス・失敗に対する自己正当化あるいは責任逃れ」のニュアンスがあります。

「言い訳」の言葉には、「物事の道理を説明する」「過失・罪などを謝罪する」の意味合いもあります。

「説明」とは?

「説明(せつめい)」とは、「ある物事がよく分かるように詳しく筋道を立てて述べること」「ある事柄・事項を詳しく解き明かすことで相手に分からせること」を意味している言葉です。

「説明」という表現は、「ある物事の内容・経緯・原因・仕組み(使い方)などがよく分かるように、客観的に詳しく話すこと」を意味しているのです。

例えば、「新型スマホの使い方を説明しました」「先生の説明が不足していて、よく分かりませんでした」などの例文で使われます。

「言い訳」と「説明」の違い!

「言い訳」「説明」の違いを、分かりやすく解説します。

「言い訳」「説明」「ある物事の内容・事情・理由などについて詳しく話すこと」といった類似の意味を持っていますが、「言い訳」「自己正当化・責任逃れのための主観的な言葉」を意味しています。

言い訳に対して「説明」というのは、「ある物事の内容・仕組み・原因などを分かってもらうための客観的な言葉(筋道の通った言葉)」であるという違いを指摘できます。

「言い訳」「自分が悪いわけではない・自分に責任があるわけではない」ということを相手に了解してもらうため(相手に許してもらうため)の言葉ですが、「説明」のほうは「詳しく内容・仕組みを解き明かして述べること」で相手に理解してもらうための言葉なのです。

まとめ

「言い訳」「説明」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「言い訳」とは「そのようにせざるを得なかった事情・理由を説明して、相手の了解(許し)を求めたり責任を逃れようとしたりすること」「罪・過失を謝ること」などを意味していて、「説明」「ある物事について内容・仕組みがよく分かるように詳しく話して聞かせること」を意味している違いがあります。

「言い訳」「説明」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典