スポンサーリンク

「訪問介護」と「居宅介護」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「訪問介護」と「居宅介護」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

介護サービスを探していると、気になる専門用語を目にすることがあります。

この記事では、「訪問介護」「居宅介護」の違いを分かりやすく説明していきます。

よく似た言葉の違いを知って、サービス内容を正しくおさえていきましょう。

スポンサーリンク

「訪問介護」とは?

訪問介護とは、高齢者の身の回りのお世話をトータルでサポートする介護のこと。

「困っていること」にできるだけ寄り添うサービスになります。

では訪問介護の内容には、どのようなものがあるのでしょうか。

介護を受ける人の体力や認知度にもよりますが、例えば血圧のチェック、トイレの介助、お風呂で髪の毛を洗うなども訪問介護の内容です。

そして買い物の付き添い、洗濯や掃除なども必要であれば受けることができます。

訪問介護の費用は事業者ことに異なりますが「時間単位で決められていること」が多いです。

介護保険は使えるものが多いですが、サービスの内容によっては保険適用外なものもあります。

例えば美容師代わりに髪の毛を切ってもらったり、料理を作ってもらったり、家政婦にちかい仕事は自費となります。

「居宅介護」とは?

居宅介護とは障がい者が、快適な暮らしができるようにサポートする介護のこと。

障がい者が居心地のよい暮らしをおこなうために、各自治体が積極的におこなっているサービスのことです。

自治体によっては「居宅介護専門の支援センター」が設置されています。

ケアマネージャーと呼ばれるプランナーが家族の悩みを聞いて、それに合ったサービスを組み立ててくれます。

居宅介護はホームヘルプと呼ばれ、受けられるサービスには次のものがあります。

排せつや食事の介助、病院の付き添い。

また必要によっては、料理を作ったり部屋の掃除をおこなったりもします。

居宅介護の費用は、各自治体によって変わってきます。

生活保護を受けているか、非課税なのか、その家庭の状況によっても自費負担の割合が異なってきます。

サービスを受けようか迷っている場合は、自治体の福祉課や福祉センターに相談してみることがおすすめです。

「訪問介護」と「居宅介護」の違い

介護を受けようと思っている方にとって、区別がつきにくいこともあります。

「訪問介護」「居宅介護」の違いを、分かりやすく解説します。

・高齢者と障がい者の方の違い
訪問介護はおもに高齢者のための、介護サービスのこと。

そして居宅介護は、障がい者のための、介護サービスです。

介護を受ける方の立場によって、呼び方や内容も異なってくるので注意しておきましょう。

訪問介護は介護保険が適用できるものもあります。

居宅介護はご家庭の経済状況によって、自己負担が変わってきます。

まとめ

「訪問介護」「居宅介護」の違いを分かりやすくお伝えしました。

訪問介護は高齢者向けの、在宅支援のサービスのこと。

居宅介護は障がい者の方への、居宅支援のサービスになります。

介護のお悩みがあったら1人で抱え込もうとせず、積極的に行政にたよってみることが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典