スポンサーリンク

「誘う」と「導く」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「誘う」と「導く」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「誘う」「導く」と聞くと似たような意味で使われる言葉ですが、実際はそうでもないです。

意味がかなり違う2つの言葉の意味を説明します。

スポンサーリンク

「誘う」とは?

「誘う」という言葉の意味は誰かが誰かを何かに誘うと時に使う言葉で誘われる方は全く予期してなかった事をいきなり誰かに紹介されたりする事です。

誰かがこれは良いものだと言ってきて誘ってきて一緒に何かをしないかといった感じで行われるものです。

「誘う」という言葉の特徴としてあるのが多くの人が別に何かに誘われる事を望んでいないというのがあります。

大抵何かに人を誘う時は誘う側が自分のために誰かを「誘う」というのがあります。

もちろん例外もありますがなかなか相手の事を思って「誘う」という事は少ないです。

「導く」とは?

「導く」というのは誰かを正しい方向に「導く」といった感じでプラスの意味で使われる事が多い言葉です。

それは誰かが誰かを導くことでより良い結果を出したいと思っているというのがあります。

また、導かれる方も誰かに自分を導いて欲しいと思っている事が割とあります。

それは導いてもらうというのは導かれる側にとって良い結果が期待できることが多いからです。

また、誰かに指導をしてもらうという意味も導くにはあるので誰かに自分を導いて欲しいと思っている人は多いです。

「誘う」と「導く」の違い

「誘う」「導く」の違いは何かというと「誘う」のは場合は何かを誰かに勧めるというのが「誘う」という意味ですが、「導く」というのは誰かを指導したり、迷っている人を正しい方向に向かわせるという具合にその意味は大きく異なります。

「誘う」という事に関してはあまり良いように思わない人もいますが、「導く」という事に関しては良い事だと思う人は多いです。

まとめ

「誘う」「導く」も何かしらの方向性を示すという点では同じですが、「誘う」の場合は全く望んでない事も誰かに誘われる事も多いので、誘われて良い気がしない人も多いです。

ですが、誰かに導いてもらうという時は本人もも誰かに導いて欲しいと思っている事が意外と多い事もあって誘われる時よりも好意的に考える人が多いです。

それは実際に誘われる内容がどのようなものであるかではなく、「誘う」という行為に対するイメージがあまり良くない事に起因します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典