「豆」と「ナッツ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「豆」と「ナッツ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「豆」「ナッツ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「豆」とは?

「豆」とは、マメ科植物のうちに、食用にするものを言います。

大豆、小豆、隠元(いんげん)などがありますが、特に大豆のことを言う場合が多いでしょう。

また名詞について、形、規模が小さいという意味もあります。

「豆電球」「豆台風」といった言葉があります。

「ナッツ」とは?

「ナッツ」とは英語で“nuts”と綴ります。

「ナッツ」はクルミ、アーモンド、ピーナッツなどのことで、堅い殻を持つ、食用とされる果実の総称となります。

またクルミ油のことを「ナッツオイル」とも言います。

「豆」と「ナッツ」の違い!

「豆」「ナッツ」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は同じ意味と解釈している人も多いかもしれません。

と、言いますのが、アーモンド、ピーナッツのことを日本語で「豆」「豆菓子」などと呼ぶこともあるからです。

では言葉の意味を確認して違いを見ていきましょう。

「豆」とはマメ科植物のうち食用にする「大豆」「小豆」「隠元」などを言います。

「豆まき」といった言葉がありますように「大豆」のことを特に「豆」と言います。

またそれとは別に名詞について、形、規模が「小さい」という意味を表すこともできます。

「豆電球」「豆台風」「豆狸」「豆知識」といった言葉があります。

一方の「ナッツ」とは、堅い殻を持っている、食用とされる果実の総称で、クルミ、アーモンド、ピーナッツなどがそれに当たります。

「ナッツオイル」とはクルミの油のことを言います。

まとめますと「豆とは、マメ科の植物で食用にするもの、名詞について形、規模が小さいという意味を表す」「ナッツとは、堅い殻があり、食用とする果実の総称、クルミ、アーモンド、ピーナッツ」と、なります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「豆」「ナッツ」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

この二つはまったく違う意味があることが理解できたでしょうか。

「豆」は二通りの意味がありますので、そちらもしっかり覚えておくようにしましょう。

言葉の意味を正しく理解して使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典