スポンサーリンク

「豪勢」と「豪華」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「豪勢」と「豪華」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「豪勢」「豪華」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「豪勢」とは?

贅沢なさまです。

必要以上に金銭や物を使うことや、金銭や物を惜しまないことを意味しています。

とくに、勢いがある場合や景気がよいさまをいいます。

「豪」は勢いが盛んである、なみはずれるという意味のある漢字、「勢」はいきおい、ようすという意味のある漢字です。

一般的なカップ麺は、チャーシューが入っていなかったり、入っていたとしても1、2枚程度です。

しかし、チャーシューが5枚も入っているカップ麺も販売されています。

このカップ麺は、他のものと比べて「豪勢」だといえるでしょう。

景気がよいです。

今度は結婚式のことで考えてみます。

新婦は馬車にのって登場をしました。

着ているドレスは、ジュエリーが使用されており、きらびやかです。

式場はキラキラとした装飾がされています。

ウエディングケーキは何段にもなっているもので、これは高級ホテルに頼んで作ってもらったものです。

出された料理も高級ホテルに頼んで作ってもらいました。

この結婚式には、必要以上にお金をかけています。

そして、盛大さが感じられます。

「豪勢」な結婚式といえるでしょう。

「豪勢」の使い方

贅沢なさまを指して使用をします。

盛大さがある場合に使うことが多いです。

「豪華」とは?

贅沢なさまです。

金銭や物を必要以上に使うことや、金銭や物を惜しまないことを意味しています。

とくに、華やかさや輝きを感じられることをいいます。

「華」は、はなやか、美しいという意味がある漢字です。

屋敷のことで考えてみます。

この屋敷には、照明にシャンデリアが使用されています。

家具はヨーロッパで作られたアンティークのものです。

1つが数百万円はします。

どれも丁寧に扱われており、輝きを感じられます。

絨毯はふかふかです。

丁寧に手入れされており、汚れが一つもありません。

この屋敷は「豪華」だといえるでしょう。

人についても意味しています。

大物といわれる芸能人が何人も集まると「豪華なメンバー」といわれることがあります。

「豪華」の使い方

贅沢なさまを指して使用をします。

とくに華やかな場合をいいます。

「豪勢」と「豪華」の違い

どちらの言葉にも、贅沢さまという意味がありますが、やや様子が違います。

前者の言葉は、盛大なさまを感じられることをいいます。

後者の言葉は、華やかさを感じられることをいいます。

「豪勢」の例文

・『豪勢な食卓』

・『そんなに豪勢にしなくてもいいのに』

・『豪勢な暮らしをしていることが想像される』

・『少し手を加えたら豪勢になった』

「豪華」の例文

・『豪華な装飾が施された室内』

・『今日の夕食は豪華だな』

・『金箔を使って豪華さを演出する』

・『豪華な特典がついてきます』

まとめ

どちらの言葉にも贅沢なさまという意味がありますが、盛大さを感じさせるのか、華やかさを感じさせるのかという点に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典