「買取」と「下取り」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「買取」と「下取り」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「買取」「下取り」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「買取」とは?

「買取」「かいとり」と読みます。

意味は「現在持っている物を業者に売り、現金を受け取ること」です。

自宅にある不用品などを、中古品を扱う業者に売り、お金に替えることを言います。

「買取」は、さまざまなものに対して使われ、高いものは車や宝石、貴金属やブランド品を始め、電化製品や日用品などにも使われます。

新品と同じ値段という訳にはいきませんが、資産価値のあるものは中古でも高値で「買取」されます。

「下取り」とは?

「下取り」「したどり」と読みます。

意味は「今持っている物を売り、同じ販売店で次に買うものの購入費用の一部に充てること」です。

現在持っているものを買い替える時に、ある販売店で購入することを条件に古いものを買い取って貰い、そのお金を新商品の購入費用の足しにすることを言います。

こちらは主に車や宝石、貴金属やブランド品など、資産価値の高いものの取引に使われます。

「買取」と「下取り」の違い!

「買取」「現在持っている物を業者に売り、現金を受け取ること」です。

「下取り」「今持っている物を売り、同じ販売店で次に買うものの購入費用の一部に充てること」です。

まとめ

今回は「買取」「下取り」の違いをお伝えしました。

「買取は現金化する」「下取りは新商品の購入費用の足しにする」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典